サックス好きのための専門誌Saxworld

コラム

サックス・ワールドVol.10の見どころを紹介!

9/11発売 サックス・ワールド最新号の詳細を紹介!

表紙&巻頭特集はT-SQUAREデビュー40周年記念企画を掲載!

日本のインスト・シーンを代表するT-SQUAREのデビュー40周年を記念し、サックス・ワールドでは長年フロントマンを務め、バンドの顔と言える伊東たけしを大フィーチャー。リーダー安藤正容(g)との対談、秘蔵写真ライブラリー、奏法分析などでT-SQUAREでの活動を振り返えることで、デビューから40年間常に第一戦で活躍し、進化しつづけるT-SQUAREの魅力に迫ります。(表紙撮影:言美 歩)

連載:「ジャズの巨匠」ではスタン・ゲッツを大特集!

 ジャズの歴史に名を残す名サックス奏者をその軌跡から奏法スタイル、使用楽器や代表作紹介など様々な角度から徹底分析していく連載特集「ジャズの巨匠」。今回はクール・ジャズ、ボサノバ、フュージョンなど様々なジャンルの第一線で活躍し名声を得たスタン・ゲッツの演奏スタイルに迫ります。
 今号の奏法解説は川嶋哲郎氏が担当。そのプレイの特徴とその魅力を思い入れたっぷりに紹介。さらに「ムーブ」(『Stan Getz at Storyville, Vol. 1 & 2』収録)のスコア&演奏解説、バイオグラフィー、推薦アルバム紹介、使用楽器と、スタン・ゲッツの魅力をたっぷりとお届けします。 (写真:内山繁/Whisper Not

スペシャル・インタビュー:メイシオ・パーカー

 ファンク・サックスの創始者であり、現在もその第一人者 であるメイシオ・パーカーが、今年6月に来日。ブルーノート東京にて偉大なソウル・シンガー、レイ・チャールズのトリビュート・プロジェクトで公演を行いました。今回は日本の トップ・プレイヤーにより編成されたビッグバンドに、長年レイのバンドに在籍したスティーヴ・ジグムンドがコンダク ターを務め、さらにレイゆかりのコーラス隊“レイレッツ”が 加わるというまさにスペシャル・プログラム。今回のインタビューではレイをはじめとする音楽的ルーツや、他の追随を許さない圧倒的なグルーブを誇るプレイ・スタイルがどのように誕生したかなど、メイシオに話を伺いました。(写真:内山繁/Whisper Not

インスト特集

■サックス工房訪問 ウッドストーン
 マウスピース・ビルダーのインタビューと、アーティストによる試奏記事でマウスピース・ブランドの魅力に迫る連載「マウスピース工房訪問」。今回は国内外のトップ・プレイヤーがリペアで絶大な信頼を寄せる石森管楽器のブランド、ウッドストーンのマウスピースを紹介。開発者である石森信二氏のインタビュー、宮崎隆睦氏によるアルト用マウスピース現行製品試奏レビュー、初公開となるウッドストーン・マウスピース工房の紹介などを通じ、ウッドストーンのマウスピースの人気の秘密を探ります。

■ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン
 ビンテージ・サックスの魅力を紹介する連載企画『ビンテージ・サックス・ミュージアム』。 前号に続き今回はビュッフェ・クランポンの歴史の後編を紹介します。 クラリネットのトップ・ブランドとして有名な同社ですが、 サックスの製造も150年以上の歴史があり、 セルマ—のライバルとしてサックスのあらゆる可能性を追求、 独自のスタイルを確立してきました。 スーパー・ダイナクション、Sシリーズなどの名器の紹介を中心に、ビュッフェ・クランポン・サックスをの魅力を紹介します。

奏法ノウハウ特集

■ヴィンセント・ハーリングが伝授 サックス演奏力 向上術(ウォーム・アップ/タンギング/ビブラート)
 アート・ブレイキー、ディジー・ガレスピーなどモダン・ジャズ界の名だたる重鎮たちと共演。現在はソロ・アーティストとして活躍中のヴィンセント・ハーリングがエリック・アレキサンダーとのダブル・リーダー・バンドでこの夏来日、全国各地でライブを敢行しました。そのハード・スケジュールの中、サックス・ワールドはヴィンセントをキャッチ。教育者としても経験豊かな彼に誌上セミナーを依頼しました。今回は動画連動企画として取材時の演奏シーンをサックス・ワールドWebに公開! ウォーム・アップ、ロングトーン、タンギング、ビブラート、楽器のセッティングなどについてのノウハウを紹介します。

■バリサク奏者座談会 バリウトン・サックスの魅力と悩みをぶっちゃけーク
 このところプレイヤー人口がじわじわと増えつつある“バリサク”ことバリトン・サックス。低音の魅力にとりつかれてアルトやテナーから転向したり持ち替えたりする人も少なくありません。本誌ではバリトン・サックスの面白さと難しさを知り尽くしている栃尾克樹氏(クラシック系)、白坂勉氏(ジャズ&ポップス系)、山中ヒデ之氏(スカ&ロック系)の3人を招いて座談会を企画しました。活動しているジャンルによる視点の違いも含めて、ぶっちゃけトークをお楽しみください。また、話題のバリトン・サックスの新製品、ヤナギサワWOシリーズ4モデルWOシリーズのクロス・レビューもいち早く掲載。栃尾、白坂、山中の3氏にヤナギサワ・バリトン・サックスの進化を語っていただきました。

CD連動企画

 ご好評を頂いています譜付属CD連動スコア企画。 今回もサックス演奏にマッチした選りすぐりの4曲を、サックス・ワールドのオリジナル・アレンジでご用意させていただきました。カラオケ音源と一緒にぜひ演奏をお楽しみください!

■スタンダード・ジャズでマスターする アドリブ入門セミナー 「クール・ストラッティン」 演奏:山田拓児(as)、西口明宏(ts)
■極上のポップス・バラード名曲編  「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 演奏:伊勢賢治(as)
■3サックスで楽しむ不朽のポップス・スタンダード  「LOVE LOVE LOVE」 DREAMS COME TRUE  演奏:sax triplets/ 寺地美穂(as)、堀江有希子(as)、河村 緑(ts)、 プロデュース/アレンジ:小池修
■サックス・デュオで奏でるスタンダード・ジャズ  「オール・ザ・シングス・ユー・アー」演奏&アレンジ:青柳誠(as&ts)

その他、連載セミナーやコラムなど盛りだくさんの内容で今号もお届けします。

サックス・ワールド Vol.10をAmazonで購入

 


LATEST ISSUE

2018年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.10

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:T-SQUAREデビュー40周年特集 featuring 伊東たけし&安藤正容
○ジャズの巨匠:スタン・ゲッツ
○スペシャル・インタビュー:メイシオ・パーカー

■インスト特集
○サックス工房訪問 ウッドストーン(演奏/宮崎隆睦)
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(後編)

■スペシャル・セミナー
○ヴィンセント・ハーリング サックス演奏力向上術
○バリサク奏者座談会(栃尾克樹/白坂勉/山中ヒデ之)/ヤナギサワWOバリトン・サックス クロス・レビュー
○新連載 ユッコ・ミラーが伝授! エアロフォン実践活用講座

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・ザ・シングス・ユー・アー」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 演奏:伊勢賢治 
○「クール・ストラッティン」演奏:山田拓児&西口明宏
○「LOVE LOVE LOVE」 DREAMS COME TRUE 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修