サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

新進のサックス・プレイヤー朝岡 周が最新EPを引っさげて今週金曜日にライブを開催!

大阪発の人気ヒップホップ・バンド、韻シストBANDをゲストに迎えた極上のグルーヴ・ライブ!

タワー・オブ・パワー、インコグニート、キャンディー・ダルファーといったアーティストにも影響を受けながらジャズ、ファンク、R&Bなど様々な音楽の要素を取り入れ、新たな音楽の可能性を探求し続けている注目のサックス奏者、朝岡 周。

サックス・プレイはもちろん、ボーカル、ダンスにと活躍する朝岡のマルチ・パフォーマーとしての魅力を存分に堪能できる恒例のライブ企画”Showtime”が今週8月11日(金)に開催される。

今回は女性ボーカル2人を含む自身のバンドに加え、Charaとの共演でも知られる大阪発の人気ヒップホップ・バンド、韻シストBANDをゲストに招聘。会場では3曲入りの最新EPが先行発売される。今週末はモーション・ブルー・ヨコハマで極上のグルーヴ・パーティを堪能してほしい。

会場/問い合わせ先

モーション・ブルー・ヨコハマ

〒231-0001 横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F

045-226-1919 (11:00am~9:00pm)

公演日時

2017年8月11日(金)
[1st] open_3:15pm / showtime_4:30pm
[2nd] open_6:15pm / showtime_7:30pm
※入替制の公演

出演メンバー

朝岡 周(sax)、小美野 慧(kb)、英 佑紀(kb)、宮本 憲(g)
雨宮大樹(b)、大津 惇(ds)、一條絵美(vo)、富岡美保(vo)

■Special Guest:韻シストBAND
TAKU a.k.a K-City Prince(g)、Shyoudog(b)、TAROW-ONE(ds)

朝岡 周 プロフィールtl8_6114

12歳よりサックスを始め、幼少より親しんだクラシック音楽に加えてタワー・オブ・パワー、インコグニート、キャンディー・ダルファーといったアーティストにも影響を受けながら成長。サックスを平野公崇氏、ジャズを多田誠司、土岐英史両氏に師事。第20回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞をはじめ数々の受賞歴を持ち、2015年1月に発表した1stシングル「Smiler」はiTunes Jazz Chartで1位を獲得。翌年3月のモーション・ブルー初ワンマン公演では超満席のフロアを沸かせた。現在は活動の幅を全国各地に広げつつ、ジャズ、ファンク、R&Bなど様々な音楽の要素を取り入れながら新たな音楽の可能性を探求し続けている。

朝岡 周 2nd EP 「Reborn」

2017/8/11 ライブ会場先行発売
 
《収録曲》
1.Get down
2.ひとつになろう
3.Let’s dance

[Member]
朝岡周 (Sax Vo)、一條絵美(Vo)、小美野慧 (kb)
宮本憲 (g)、高木祥太 (b)、大津惇 (ds)

 
unnamed (1)

LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点