サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

ローランドよりエアロフォンの普及モデル“Aerophone GO AE-05”が登場!

デジタル管楽器エアロフォンのニュー・モデルがより身近になって登場

ローランドから、デジタル管楽器エアロフォンの普及モデル“Aerophone GO AE-05”が7月28日(土)に発売される。

2016年に発売され人気を博すデジタル楽器Aerophone AE-10の基本コンセプトは踏襲し、より手軽に演奏を楽しめるように新規に開発されたのがAerophone GO AE-05。

手の小さな女性や子供にも使いやすいようにコンパクト・サイズを実現しながら アコースティック・サックスに準拠した キー配列には、新たにHigh F# キーを装備。裏面パネルには、専用のノブ(つまみ)や ボタンを配置することで直観的な操作を実現している。

さらにAerophone GO AE-05はBluetooth 機能を搭載し、専用無料アプリを使用することで本体にプラスしてさらに機能を拡張することが可能に。従来モデル同様ヘッドホンでの使用はもちろん、コンパクトながらも内蔵スピーカーを装備し電池駆動にも対応しているので手軽にいつでもどこでも演奏を楽しむことができる。


品名 :ローランド デジタル管楽器Aerophone GO AE-05
価格: オープン・プライス(市場予想価格54,000円前後/税込)
発売日:2018年7月28日

 

主な製品の特徴

1.コンパクトな本体に、サックスに準拠したキィ配列を装備。 新たにHigh F# キーを採用

 Aerophone GO AE-05は、コンパクトな本体にエアロフォンの魅力を凝縮することで手が小さい女性や子供にも持ちやすいサイズを実現。裏面パネルには、専用のノブ(つまみ)や ボタンを配置することで直観的な操作性を可能にした。
 アコースティック・サックスに準拠した キィ配列には、新たにHigh F# キィを装備。 サックス以外にもリコーダー運指にも対応し、管楽器初心者でもより手軽に演奏をスタートできる。 リード構造の専用マウスピースは、ピッチ・ コントロール、ビブラートなどにも対応し、管楽器特有の豊かな表現力を備えた演奏が可能。

専用のノブや ボタンを配置

新たにHigh F# キィを装備

2.4 種類のサックス、フルート、バイオリン、トランペットなど厳選された 11 音色搭載。アプリを活用すれば、さらに50 音色の演奏が可能

 Aerophone GO  AE-05には、ソプラノ、アルト、 テナー、バリトンの4 種類のサックスに加え、フルート、クラリネット、バイオリン、 ミュート・トランペット、シンセ・リードなど、計11 音色を内蔵。ティンパニーやドラム・セットなど、パーカッション音色も搭載されている。さらに、専用アプリのAerophone GO Plus と接続することで、アプリ内の50 音色 もAerophone GO  AE-05で演奏可能に。

Aerophone GO AE-05の内蔵トーン・リスト(写真左側)

3.Bluetooth 機能を搭載。専用無料アプリ「Aerophone GO Plus」 「Aerophone GO Ensemble」も登場

 Aerophone GO AE-05 は、新たにBluetooth 機能に対応し、スマートフォン/タブレットと本体を無線接続可能に。Bluetooth オーディオ機能に対応することで、スマートフォン/タブレット内の音楽コンテンツをAerophone GO AE-05の内蔵スピーカーや接続したヘッドフォンで再生し、一緒に演奏を楽しむことができる。さらにBluetooth  MIDI 機能で接続する2 つの専用アプリを活用することで機能をより充実することが可能となった。

●専用アプリ Aerophone GO Plus  
 プリ内に50 音色を内蔵し、Aerophone GO AE-05で多彩な楽器音の演奏に。音楽コンテンツの再生機能では曲のテンポやキー変更、センター・キャンセルを使ってスマートフォンやタブレットに保存した音源とのカラオケ演奏も可能。さらに運指やバイト・コントロールなどの本体の設定や、ソフトウェア・アップデートも Aerophone GO Plusで行うことができる。

●専用アプリ Aerophone GO Ensemble
 Aerophone GO AE-05を最大7 台まで接続し、 アンサンブル演奏を楽しめるアプリ。 演奏者全員が一台のスマートフォンにワイヤレス接続し、アプリ搭載の19 種類の楽器音を各奏者に割り当てることで、外部スピーカーを使って 全員で演奏を聴きながらアンサンブルが可能となる。

スイッチで電源オン/オフとBluetooth オンを切り替えが可能

専用アプリ Aerophone GO Plus の画面

※ アプリ画面は変更になる可能性があります

仕様

● キー配列:サクソフォン互換キー配列
● 音源:PCM シンセ
● 音色数:11
● エフェクト:リバーブ
● コントローラー:ブレス・センサー、バイト・センサー、演奏キー、オクターブ・キー、サム・ボタン、トーン・ノブ、トランスポーズ・ノブ、ボリュー ム ・ノブ
● Bluetooth ® 標準規格 Ver 4.2
対応プロファイル:A2DP(オーディオ)、GATT(MIDI over Bluetooth ® Low Energy)、対応コーデック:SBC(SCMS-T 方式によるコンテンツ保護に対応)
● 接続端子:PHONES/OUTPUT 端子(ステレオミニタイプ)、USB COMPUTER 端子(マイクロ B タイプ、USB MIDI/ 電源兼用)
● 内蔵スピーカー:2.8cm × 1、1.5W × 1
● 電源:USB AC アダプター(別売)、充電式ニッケル水素電池単 3 形(別売)×4 ● 消費電流:400mA
● 連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なる):充電式ニッケル水素電池:約 10 時間(容量 1,900mAh 使用時)※マンガン乾電池、アルカ リ 乾電池は使用不可
● 外形寸法:128(幅)× 78(奥行)× 454(高さ)mm ● 質量(電池含む):695g
● 付属品:取扱説明書、保証書、マウスピース・キャップ、ネック・ストラップ、専用ハンド・キャリー・バッグ、USB ケーブル(電源用(Type A)、デー タ 通信用(マイクロ B)、データ通信用(Type C))
● 別売品:交換用マウスピース

(問)ローランド お客様相談センター
   TEL: 050-3101-2555 

メーカーのWebサイトを見る


LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k