サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

寺久保エレナがデビュー10周年記念ツアーを開催!

2020年4~5月に自身のカルテットを率いて全国12ヵ所で公演

2010年にメジャー・デビュー、現在はニューヨークを拠点にリーダー・バンドの他、ケニー・バロン・カルテット等でも活動するサックス・プレイヤー寺久保エレナが、自身のカルテットを率いて4~5月に日本国内ツアーを行う。今回のツアーでは、ピアノにニューヨーク出身の新星デイヴィッド・ブライアントが来日。ベース、ドラムスは、鉄壁のリズム・セクション、金森もといと高橋信之介が務める。

2010年高校3年生にときに『ノース・バード』でメジャー・デビューを果たし、一躍注目を浴びるてから今年で早10年。バークリー音楽大学卒業後はニューヨークを拠点とし、本場アメリカで修練を積む寺久保の現在のプレイに是非触れていただきたい。

■公演名称:寺久保エレナ・カルテット・ツアー2020

■出演: 寺久保エレナ・カルテット
      寺久保エレナ(as)、デイヴィッド・ブライアント(p)、金森もとい(b)、高橋信之介(ds)

■公演日程
・4月28日(火) 京都・Live Spot RAG  TEL:075-241-0446 

・4月29日(水・休) 福井・北ノ庄クラシックス TEL: 0776-27-6101

・4月30日(木) 金沢・もっきりや  TEL:076-231-0096 

・5月1日(金) 大阪・Mr. Kelly’s  TEL:06-6342-5821

・5月2日(土) 神戸・100BANホール TEL: 078-331-1728(平日10-16時)

・5月3日(日) 高槻・現代劇場ほか 「高槻ジャズストリート」 詳細 https://www.0726.info/

・5月4日(月・休) 名古屋・名古屋ブルーノート  TEL:052-961-6311 

・5月5日(火・休) 長野・バックドロップ  TEL:026-237-8887(15時~、電話予約のみ)

・5月6日(水・休) 安曇野・いさつ歯科医院 [問] 信州にジャズを広める会 090-8871-5419 

・5月7日(木) 甲府・桜座  TEL:090-6155-9628 

・5月8日(金) 東京・銀座スウィング TEL:03-3563-3757

・5月9日(土) 取手・取手市民会館大ホール 「取手ジャズフェスティバル」
 [問] 取手市文化事業団 0297-73-3251 

本公演の問合せ先:有限会社ジャムライス   TEL: 03-3478-0331/FAX: 03-3478-0315


PHOTO:内山 繁(whisper not)

寺久保エレナ・プロフィール
1992年札幌生まれ。9歳からアルト・サックスを始める。13歳のとき、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。デビュー前から、渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正らとの共演やセッションに多数参加。2010年高校3年生のときに『ノース・バード』でメジャー・デビューを果たし、一躍注目を浴びる。2011年、日本人初のプレジデント・フルスカラーシップ(授業料、寮費免除)を獲得し、アメリカのバークリー音楽大学に留学。同大学卒業後2015年より活動の拠点をニューヨークに移す。2018年、札幌のテレビ局HTBに開局50周年記念テーマソングを提供。同年、レギュラー・カルテットによるリーダー・アルバム『リトル・ガール・パワー』を、2019年4月、初のライヴ・アルバム『アブソルートリー・ライヴ!』をキングレコードからリリース。
OFFICIAL WEBSITE: http://www.jamrice.co.jp/erena/

寺久保エレナ最新作
『ABSOLUTELY LIVE !』2019年

『ABSOLUTELY LIVE !』をAmazonで購入

<収録曲>
1. BIRD LIVES バード・リヴズ (Jackie McLean) 
2. STOMPIN’ AT THE SAVOY ストンピン・アット・ザ・サヴォイ (Benny Goodman) 
3. LITTLE GIRL POWER リトル・ガール・パワー (Erena Terakubo) 
4. BUD POWELL バド・パウエル (Chick Korea) 
5. A CRYSTAL PATH クリスタル・パス (Erena Terakubo) 
6. SHAW ’NUFF ショウ・ナフ (Charles Parker – Dizzy Gillespie))
7. SKYLARK スカイラーク (Johnny Mercer ‒ Hoagy Carmichael) 
8. FIESTA ESPAGNOL フィエスタ・エスパニョール (Cedar Walton) 
9. BE NICE ビー・ナイス (Erena Terakubo)

<Personnel> 寺久保エレナ(as,ss)、片倉真由子 (p, rhodes) 、金森もとい (b)、 高橋信之介 (ds,perc) 

<ライヴ・レコーディング> 2019年1月14日 新宿ピットイン

※高音質LP 2020 年3 月13 日、キングインターナショナルより発売


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP