サックス好きのための専門誌Saxworld

アクセサリー

AUDIO-TECHNICA ATM350U

どのように加工しても低域の太さを感じる部分がちゃんと生き残る

ホームオーディオから業務用機器まで幅広い製品構成で知られるオーディオテクニカ。楽器集音用のATM350シリーズ(使用楽器に合わせてマウント部分が異なる5モデルと、ワイアレス・タイプの1モデル)から、サックス/トランペット用のATM350Uを試奏した。

庵原  高域はAKGと同じようなところが伸びている印象ですが、それ以外に200Hzくらいの帯域がボコッと出ていて、そこをどう扱うかがポイントになるかもしれません。そういう意味では、たっぷりした音に聴こえるアルトの方に、テナー以上の良さを感じました。

藤原  エンジニアとしては、庵原さんが言ったボコッと出ているところを下げる方が楽なんです。そこはちょうど音程感にも影響するので、プレイヤーとして気になるのはよくわかります。そして、どのように加工しても低域の太さを感じる部分がちゃんと生き残るマイクだと思いました。   

佐藤 オーディオテクニカのコンタクト・マイクは、ライブの現場でよく見かけます。真ん中あたりの帯域をEQでうまい具合いに削るとバランスが良くなる気がしました。

mic___042

mic___068

オープン・プライス(市場予想価格/35,000円前後)

(問)オーディオテクニカ お客様相談窓口 TEL 0120-773-417

●形式:コンデンサー型 ●指向特性:カーディオイド ●周波数特性:40〜20,000Hz ●開回路感度:−49dB(3.5mV)re 1V at 1Pa ●最大音圧レベル:159dB(1kHz at THD 1%) ●出力インピーダンス:200Ω ●マイク部寸法:37.8×12.2mm ●重量:104.5g(パワーモジュール含む)

AUDIO-TECHNICA ATM350UをAmazonで購入する

※サックス・ワールドVol.4の付属CDにコンタクト・マイク全7機種をアルト・サックス、テナー・サックスでレコーディングした音源全14トラックを収録しています( 演奏:庵原良司)

コンタクト・マイクを試聴テストしたのはこの3人

サックス奏者 庵原良司

Profile 早稲田大学入学を機にアルトサックスを始め、佐藤達哉氏に師事。卒業後プロに転向。クラリネットやフルート、作編曲も手がける。マンハッタン・トランスファー、SMAP、TUBE、KinKi kids、aiko、久保田利伸、石井達也などのバックを務める。自身のバンド、オレバンドでも活動中。

mic___021

レコーディング・エンジニア 藤原暢之

Profile ベイブリッジスタジオ〜キーストーンスタジオ〜ファロスなどを経てフリーランスのレコーディング・エンジニアとして活躍中。ゆず、米米CLUB、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、野宮真貴らのアーティストや、サントラ、ゲーム音楽など多数のレコーディングを手がける。

mic___032

ライブPAエンジニア 佐藤正明

Profile 音響技術専門学校卒業、タチバナ音響研究所〜フリーランスを経て、2003年にスターテック加入。岸谷香、Crystal Kay、いきものがかり、flumpool、FLiPなどのFOHエンジニアや、PRINCESS PRINCESS、槇原敬之、スピッツ、CHARAなどのモニター・エンジニアを務める

mic___037


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修