サックス好きのための専門誌Saxworld

chatoau

製品レビュー

Chateau CAS-A70GL

シャトーこだわりの入門モデルは素早い反応と柔らかい音色が魅力

 ベトナム工場で生産され、その品質に定評のある台湾ブランド、シャトーがコストダウンにより実現したエントリー・モデルです。低価格帯ながらも音色や吹奏感をコントロールするため、キィ・ポストの付け方に工夫を凝らした構造が特徴と言えます。左手キィのポストは一体台座キィ配置の違和感がなく、スッと手に馴染みます。こういった細部の作り込みには著しい進歩を感じますね。ルックスも非常に美しく、作りの精度は相当なレベルに達していると思います。

 サウンドは音の立ち上がりが非常に速い印象で、吹き込む力がまだ十分でない初心者にも良いと思います。フォルテまで吹き込むと、ある時点でリミッターが効いたように鳴りが制限されるポイントがやってきますが、その辺りはエントリー・モデルらしく軽く吹いたときの鳴りやすさを狙っているのでしょう。

 音程については低音域が低め、高音域は高めに分布するセルマーの定番モデル・シリーズⅡのような傾向ですから、すぐに慣れることでしょう。音色については音量に伴った音色変化は少なめで、かなり均一に鳴らすことができます。全音域で柔らかく鳴るので少々雑に吹いても楽器がうまくまとめてくれるでしょう。軽い息で低音域から高音域までクイックに鳴りますから、アーティキュレーションも容易に吹き分けることが可能です。これからサックスを始めようという方や、体力的にガツガツ吹くのは苦手といった方には、ぜひ候補にあげていただきたい楽器です。


chatoau01

豪華な手彫り彫刻

ベルを包み込むように彫られた彫刻は、熟練した職人が一本一本手作業で行われている。イエロ―・ブラスにゴールド・ラッカーの仕上げは実に丁寧な仕上がりをみせている

chatoau02

コンビネーション・キィ・ポスト・システム搭載

αシリーズにのみコンビネーション・キィ・ポスト・システムを搭載されている。左手は台座一体型キィ・ポストが採用されており、深く奥行きのある音色を実現されている

chatoau03

右手部分の独立型キィ・ポスト

右手部分は独立型キィ・ポストが採用されている。これによって軽快な吹奏感を実現し、速いサウンドの立ち上がりに貢献しているのだろう

chateau_body

120,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATIONS ●管体:イエロー・ブラス●塗装:ゴールド・ラッカー仕上●彫刻:有り(職人による手彫り)●パッド:ピゾーニPROパッド●その他仕様:キィ取付台座一体型(左)、管体にキィ・ポスト直付け(右)。●付属品:専用ケース、マウスピース、リード、コルク・グリス、ストラップ、スワブ
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM(現行)、リード:Vandoren 緑JAVA3、リガチャー:Selmer 旧二本締め


Chateau CAS-A70GL試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol5_cover_M

2017年6月12日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.5

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:伊東たけし(T-SQUARE)
○ジャズの巨匠:ジョン・コルトレーン
○特集:渡辺貞夫 1980年代の活動を振り返る
○特別寄稿:菊地成孔 ジャズの歴史の中でのサキソフォン

■スペシャル・セミナー

○Bloodest Saxophone甲田伸太郎が直伝! ブロウ・サックス奏法徹底攻略術
○ボブ・シェパード誌上セミナー:アンブシュアの問題を解決!

■インスト特集

○ビンテージ・サックス・ミュージアム拡大版  セルマー・スーパー・バランスド・アクション(SBA)
○サックス解体新書 彫刻師の仕事を知る
○マウスピース工房訪問 第1 回:Gottsu 試奏レポート:竹野昌邦

雑誌の詳細をみる