サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Chateau CTS-H92B

フラグシップ・シリーズの意気込みを感じさせるキャパシティの大きい楽器

 シャトーのハンドメイド・シリーズのテナー。まず見てくださいこのルックス。メーカーではブラック・ニッケルという名称ですが車でいうガンメタっぽい色合いでシビレます。こんなに黒いですが管体は銅の含有量が多いレッド・ブラスです。通常ベルに施される彫刻がネックにも入っていて同社のフラッグシップ・シリーズの意気込みを感じずにはいられません。手に持つとやや大柄なキィ配列ですが、海外メーカーとしては標準的なサイズ感で演奏上問題になることはありません。ベトナム製ということですが、作りが良く所有満足度は高いと思います。 

 ゴッツ・セピアトーン・メタル7☆、セルマー・メタル用リガチャーSP、バンドーレン緑JAVA3で試奏。まず驚くのが非常に音の立ち上がりが早く反応が良い点。ルックスからは重量級の楽器を想像しますが全然そんなことはなく、まるでオールドの楽器のようです。それでいてグッと吹き込んでも破綻することなく鳴ってくれるのでキャパシティの大きい楽器と言えるでしょう。。

 音色はダークでドライですがハスキーというよりは輪郭のハッキリしたサウンドです。さらにザラついた質感ももれなく付いてくるので、ジャズ・ポピュラーを演奏される方はぜひお試しください。そしてマイクノリも良いので電気楽器などの入る音量の大きなシーンでも心強い味方になってくれると思います。リーズナブルな点も◎。


素材の92%が銅のレッド・ブラスを使用

レッド・ブラスにブラック・ニッケル仕上げを施した管体とネック。ネック、ベル、U字管にかけて、熟練した職人による手作業で行われた彫刻が施されている

ブラス・サム・フック&サム・レストを搭載

音の広がりを抑制し芯のある音を追求するため、ブラス・サム・フックとサム・レストを搭載。タンポには気密性、防水性に優れたピゾーニ社製Proパッドを装着

一体型キィ・ポスト台座採用

深く奥行きのある音色を実現するために、左手部分には一体型キィ・ポスト台座を採用。またスプリングには耐久性の高いニードル・スプリングを使用

285,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATIONS●管体:レッド・ブラス(92%-Copper)●塗装:ブラック・ニッケル仕上げ●パッド:ピゾーニPROパッド●その他仕様:ブラス・サム・フック&サム・レスト、ニードル・スプリング、一体型キィ・ポスト台座●付属品:ケース、マウスピース、リガチャー、グリス、ストラップ、スワブ、リード
■試奏環境 マウスピース:ゴッツ・セピアトーン・メタル7☆、リード:バンドーレン緑JAVA3、リガチャー:セルマー・メタル用SP


Chateau CTS-H92B試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.10

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:T-SQUAREデビュー40周年特集 featuring 伊東たけし&安藤正容
○ジャズの巨匠:スタン・ゲッツ
○スペシャル・インタビュー:メイシオ・パーカー

■インスト特集
○サックス工房訪問 ウッドストーン(演奏/宮崎隆睦)
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(後編)

■スペシャル・セミナー
○ヴィンセント・ハーリング サックス演奏力向上術
○バリサク奏者座談会(栃尾克樹/白坂勉/山中ヒデ之)/ヤナギサワWOバリトン・サックス クロス・レビュー
○新連載 ユッコ・ミラーが伝授! エアロフォン実践活用講座

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・ザ・シングス・ユー・アー」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 演奏:伊勢賢治 
○「クール・ストラッティン」演奏:山田拓児&西口明宏
○「LOVE LOVE LOVE」 DREAMS COME TRUE 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修