サックス好きのための専門誌Saxworld

製品レビュー

Gottsu Jazz Soloist

“あの”ソロイストを彷彿させるゴッツ待望の新モデル

 ゴッツから待望のソロイスト・タイプが登場。同社の他製品同様、作りは非常に良くルックスはいわゆる“あの”ソロイスト・シェイプで、見た目からもサウンドをイメージさせてくれます。
 Aセルマー・マークⅥ/バンドーレン青箱2 1/2/バンドーレン・オプティマム・リガチャーで試奏。まず最低音からフラジオ音域まで楽に吹ける作りの良さはサスガの一言。同様に超ピアニシモからフォルテシモもとても楽です。そして太く柔らかいサウンドは“あの”ソロイスト・サウンドを彷彿とさせるダークさと甘さも含んでいて吹いていて心地よい。今回はC**を試しましたが普段使用しているV16 A5Mからだと“D”か“E”のオープニングが良いと思います。このクオリティでソプラニーノからテナー用までをラインナップ。仕事柄様々な音色を使い分けていますが、“柔らかいジャズ・サウンド部門”では即実戦投入できる優れた製品の一つだと思います。是非吹いてみてください! 

名器ソロイストのショート・シャンク・タイプを再現

1950年代に作られたセルマー・ソロイストの特徴である短いシャンクを再現。チェンバーも同年代のソロイスト同様馬蹄型を採用

30,000円(アルト用)

(問)ゴッツ TEL 046-205-3612

■SPECIFICATIONS ●材質:エボナイト(黒)●オープニング・サイズ:C(1.6mm), C☆(1.7mm), C☆☆(1.8mm), D(1.9mm), E(2.0mm)●付属品:ソフトポーチ
■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


Gottsu Jazz Soloist試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点