サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Jupiter JAS500

全音域で反応が良くソフトな音色が魅力の入門モデル

 ジュピターは学校の備品からプロ仕様の楽器まで幅広いラインナップを誇る台湾の老舗ブランドです。このたび、従来からあったエントリー・モデルに代わる新機種JAS500が登場しました。

 エントリー・モデルらしく細かなパーツの質感や彫刻は上級モデルに及びませんが、持ってみると国産の楽器のように端正に作られているのがわかります。ややオレンジがかった味わいのあるラッカーはオールドの楽器を彷彿とさせる質感をまとい、自然なキィ配置が違和感なく手に馴染みます。管体全体の設計を見直したという本機は、音の立ち上がりが速くとても良く鳴るのが印象的です。ピアニシモからクレッシェンドしていったときの音色の変化は大きくなく、かなり均一な鳴り方と言えるでしょう。僕の感覚ではメゾフォルテぐらいの音量で楽器の許容音量いっぱいまで鳴ってくれますから、吹き込む力の弱い初心者でも鳴りっぷりのよさが楽しめると思います。

 また音程も良く、自分の所有するセルマー・マークⅥから持ち替えても違和感はほとんどありません。また、低音から高音までとても反応が良くスパッと鳴るのに音色は柔らかく、全音域でソフトに仕上がります。音がキンキンするのが悩みという方にもぜひ吹いてみていただきたいモデルですね。近年は各社から様々なエントリー・モデルが出ていますが、このジュピターのJAS500も間違いなく最良の選択肢の一つになるでしょう。


jupiter01

上位機種用のパーツもふんだんに使用

ブルー・スティール・ニードル・スプリングをはじめこれまで上位機種にのみ採用されていたパーツもふんだんに盛り込み、ハイエンド・クラスの楽器にも迫る完成度を実現

jupiter02

取り回しの良いキィ・ワーク

リーズナブルな価格と機能性の高さを両立させ、取り回しの良いキィ・ワークや鳴らしやすさ、演奏に集中できる音程バランスの良さはエントリー・モデルとして最良の選択肢の一つとなるだろう

jupiter03

上位機種と同様な3点支持支柱

これまで上位機種にのみ採用されていたパーツを装備。高品質プラスチック・ブースター・タンポ、3点支持支柱の採用でハイエンド・クラスの楽器に迫る音のまとまりや立ち上がりを実現

jupiter_body

132,000円

(問)グローバル TEL 03-5389-5111

SPECIFICATIONS ●管体&キィ:イエロー・ブラス●塗装:ゴールド・ラッカー●high F♯ キィ、フロントFキィ付●タンポ:プラスティックブースター・タンポ●その他仕様: Low C♯開き止めメカ、シーソ式左小指キィ●付属品:オリジナル・ハードケース、マウスピース、リガチャー、キャップ、ストラップ、クロス、コルク・グリス
試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM(現行)、リード:Vandoren緑JAVA3、リガチャー:Selmer旧二本締め


Jupiter  JAS500試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修