サックス好きのための専門誌Saxworld

製品レビュー

SHURE BETA98H/C-X

息を張ったときのサウンドがすごく良い

シュアは1925年創業の長い歴史を誇るアメリカの音響機器メーカー。BETA 98H/C-Xはライブなどの現場で人気の高いBETAシリーズに用意された楽器用小型マイクで、XLR仕様のトランスレス・プリアンプを搭載。ワイアレス仕様のWB98H/Cもある。

庵原  個人的にはアルトとテナーで印象が分かれました。アルトはストレートでちょうど良い感じ。テナーでは少し低域が暴れるような気がします。素の状態で聴いたときはリバーブを少し足したくなりました。あと、息を張ったときの出具合いが良かったです。

藤原  他のマイクに比べて少しゲインが低いぶん、余裕のある感じに聴こえました。熱いとか痛いという印象がない、優しいサウンドです。そして確かに、息を張ったときの音はすごく良いですね。    

佐藤 先ほどのオーディオテクニカと同じく、これも現場に持って来るミュージシャンをときどき見かけます。若干柔らかめの音だなという印象で、それがこのマイクの良さなんじゃないかと思います。

mic___062

mic___082

オープン・プライス (市場予想価格/27,000円前後)

(問)完実電気株式会社 TEL 050-3388-6838

●形式:コンデンサー型 ●指向特性:カーディオイド ●周波数特性:20〜20,000Hz ●開回路感度:−56dBV/Pa(1.6mV) ●最大音圧レベル:155dB(THD 1% at 1kHz)●出力インピーダンス:150Ω ●寸法:公称値なし ●重量:65g(マイク部)

SHURE BETA98H/C-XをAmazonで購入する

※サックス・ワールドVol.4の付属CDにコンタクト・マイク全7機種をアルト・サックス、テナー・サックスでレコーディングした音源全14トラックを収録しています( 演奏:庵原良司)

コンタクト・マイクを試聴テストしたのはこの3人

サックス奏者 庵原良司

Profile 早稲田大学入学を機にアルトサックスを始め、佐藤達哉氏に師事。卒業後プロに転向。クラリネットやフルート、作編曲も手がける。マンハッタン・トランスファー、SMAP、TUBE、KinKi kids、aiko、久保田利伸、石井達也などのバックを務める。自身のバンド、オレバンドでも活動中。

mic___021

レコーディング・エンジニア 藤原暢之

Profile ベイブリッジスタジオ〜キーストーンスタジオ〜ファロスなどを経てフリーランスのレコーディング・エンジニアとして活躍中。ゆず、米米CLUB、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、野宮真貴らのアーティストや、サントラ、ゲーム音楽など多数のレコーディングを手がける。

mic___032

ライブPAエンジニア 佐藤正明

Profile 音響技術専門学校卒業、タチバナ音響研究所〜フリーランスを経て、2003年にスターテック加入。岸谷香、Crystal Kay、いきものがかり、flumpool、FLiPなどのFOHエンジニアや、PRINCESS PRINCESS、槇原敬之、スピッツ、CHARAなどのモニター・エンジニアを務める

mic___037


LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点