サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Ted Klum Ted Klum Model

フォーカスの良さと芯のあるサウンドが魅力

 テッド・クラムから自らの名前を冠したモデル、その名も“テッド・クラム・モデル”が登場。メイヤー・タイプのニュー・モデルでテッド・クラムらしい精密な仕上げは健在、アーリー・バビット期のオットーリンクのようなちょっとしたバッフルがあります。

 吹いてまず感じるのはバッフルと材質からくる音のフォーカスの良さ。音が良い意味でタイトさがあり指向性をもって前に飛ぶので、自分の感覚以上に音量が出ています。そしてそのままボヤけることもなくマイクに集音されます。

 音色は“これぞジャズ・アルト”というサウンド傾向。バッフルがある分多少主張が強くなりますが、吹き方によってバラードのような甘い音色もなんのその。幅広い表現の味方になってくれます。芯のあるサウンドなのでビッグバンドのリード・アルトや電気楽器と共演するようなタイプの方には是非お試しいただきたい逸品です。


少し高めのバッフル

温かくもタイトなサウンドを生み出す少し高めのバッフルと大きなチェンバー

 

 

(撮影:田坂圭)

25,000円(アルト用)

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●材質:プレミアム・ハード・ラバー●オープニング・サイズ:73(5)、77(6)●付属品:巾着
■試奏環境 楽器:セルマー・マークⅥ、リード:ダダリオ・レゼルヴ3、リガチャー:セルマー旧二本締め


Ted Klum Ted Klum Model試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k