サックス好きのための専門誌Saxworld

リガチャー

Theo Wanne Enlightened Ligature

接触部分を3点にすることでマウスピース本来の響きを追求

 マウスピース・ビルダーの名門、セオ・ワニのリガチャーを今回は試奏。非常に精巧に作られた本体は宝飾品のように美しく仕上げられています。オットーリンクやフランソワ・ルイのリガチャーと同様、リードをプレッシャー・プレートで固定するタイプ。プレートは素材違いの5種類が付属するので、求める吹奏感や音色によって変えることが可能です。

 今回の試奏ではリッチで艶やかな音色が気に入ったので、ゴールド・プレートを使用しました。吹いた第一印象はリガチャーの存在を感じさせない吹奏感が魅力。“マウスピース本来の響きを活かす”という触れ込みどおりリガチャーによる音色変化や抵抗感の違いをほとんど感じないので、ブレス・コントロールに対して音がリニアに追従する感覚が気持ち良い。

 この新しい感覚は多くの方に体験してもらいたいですが、特に軽い吹奏感が好きな方はぜひお試しを!


5種類のプレートが交換可能

プレッシャー・プレートをネジで交換可能。5種類のプレートが付属し、素材によるサウンドの違いを楽しむことができる

(撮影:田坂圭)

22,000円(アルト用)

(問)Forestone Saxophone 国内総販売元 株式会社ミナト  TEL 0725-92-9700

■SPECIFICATIONS ●材質:真鍮 ●仕上げ:金メッキ ●付属品:リード・リプレイサー・キャップ、スクリュード・ライバー、プレッシャー・プレート×5(ゴールド・プレート、チタニウム、ステンレス・スチール、ヴィンティファド、ベビー・コパー) ●その他:各種マウスピースに対応した3タイプのサイズをラインナップ(SM、L、XL)
■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、マウスピース:メイヤー 6MM、ダダリオ・ジャズセレクト(ファイルド・カット)3M

Theo Wanne Enlightened Ligature試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k