サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Wood Stone PHLOX

素材をハード・ラバーに変更して限定生産のフロックスが再登場

 ウッドストーンより、過去に限定生産され再生産の要望が多かったテナー・サックス用のハイバッフル・マウスピース、フロックスが素材をステンレス・スチールからハード・ラバーに変更して新登場。

 ウッドストーンらしくレールやティップ、バッフルなど細部にわたって非常に精巧に作られています。

 バレット・チェンバー&ラウンド型の内部構造で息の通りが良く、普段ハイバッフルを吹かない自分でも非常にコントローラブル。直感的に狙った音色・音程で演奏することが可能です。

 音色はハイバッフルらしく芯がハッキリしていながら太さとダークさがあり、なおかつオープンなサウンドでまさにいいとこ取り。

 オーソドックスなジャズからコンテンポラリー、フュージョンやファンクなど幅広い音楽ジャンルをカバーする実力があります。ぜひお試しを!


ハイ・バッフル&バレット型チェンバー

ステンレス・スチールから素材を変更したことで、ハイバッフルならでは鋭いサウンドにハード・ラバー特有の艶めかしさが加わった

(撮影:田坂圭)

48,000円(テナー用)

※200本限定生産

(問)石森管楽器 TEL:03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●材質:エボナイト ●オープニング:♯7 、♯7☆、 ♯8、 ♯9 ●付属品:なし(リガチャーはアルト・サックスのメイヤー・ラバー用サイズが使用可能)

■試奏環境 本体:H.セルマー・シリーズⅡ リガチャー:表二本締めリガチャー(石森管楽器提供) リード:ダダリオ・ラ・ボーズ・ミディアム・ソフト


Wood Stone PHLOX試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k