サックス好きのための専門誌Saxworld

Q4n_front_mic_XY_menu

製品レビュー

ZOOM Q4n Video Recorder

手軽に高音質/高画質の撮影が可能な
音楽家向けビデオカメラ

ZOOMの音楽向けの高音質ハイビジョンカメラです。まず驚くのが本体の小ささと軽さ。カバンの中に入れたら持っているのを忘れてしまいそうです。しかも音楽向けということでかなり広角。1.5m程度離して設置すれば頭のてっぺんから構えた楽器までしっかり入ります。
本体上部には角度をフレキシブルに変更できるコンデンサー・マイクが付いていて、高音質での録音が可能。カメラはハイビジョンというだけあって非常に高画質です。
一般的なビデオカメラだとさほど高音質ではないので別途マイクを購入して取り付けたり、または別途録音して後で映像を音を合わせるといった作業をする必要がありますが、これならその手間が省けます。
本体サイドのモニターは回せるので、被写体になってもモニター確認が可能です。しかも音量レベルメーターがモニターにあるので、楽器を吹いてモニターを見て適正なゲインに調整するのが楽チン。これは素晴らしい機能です。
演奏を録って手軽に動画サイトにアップしたい方や、ビジュアルも含めて練習を確認したいという方には持ってこいなツールです。

Q4n_slant_left_front_mic_XY

Q4n_slant_left_front_mic_AB 2

マイクの角度を切り替え

新開発のマイクシステムを採用。奥行きのある立体的なステレオ音像の「XY方式」(写真上)と、よりワイド なステレオ感の「AB方式」(写真下)にマイクの方向を切り替えて可能。

TSK_0407

TSK_0413

F2.0/広角160°レンズを採用

試奏風景を撮影中の筆者。明るくワイドな映像を撮影できる、F2.0/広角160°のレンズを採用により近距 離での撮影が可能。狭い部屋での個人練習の自撮りなどにも最適だ。


Q4nで撮影した動画

オープン・プライス(市場予想価格:30,000円前後)

(問) ZOOM  TEL 0570-078206

■SPECIFICATIONS●レンズ:固定焦点(36cm~ ∞ )、F2.0、焦点距離 16.6mm(35mm換算)、FOV160° ●映像機能:5段階デジタル・ズーム、シーン・セレク10種、セルフ・タイマー(OFF/3/5/10s) ●動画フォーマット: MPEG-4 AVC/H.264(MOV) ●動画解像度:最高3M HD(2,304×1,296ピクセル)/30fps時 ●最大音圧レベル:140dB SPL(標準搭載のステレオ・マイク) ●音声機能:ローカットAutoGain(Concert/Solo/Meeting) ●録音フォー マット:WAV(16/24ビット/44.1/48/96kHz)、AAC(64~320kbps/48kHz) ●内蔵スピーカー:モノラル(400mW/8Ω) ●電源:リチウムイオン電池/AC アダプター(別売) ●外形寸法:39(W)×86(H)×119(D)mm(マイクを起こした状態) ●重量:178.6g(本体/電池含む)

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol5_cover_M

2017年6月12日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.5

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:伊東たけし(T-SQUARE)
○ジャズの巨匠:ジョン・コルトレーン
○特集:渡辺貞夫 1980年代の活動を振り返る
○特別寄稿:菊地成孔 ジャズの歴史の中でのサキソフォン

■スペシャル・セミナー

○Bloodest Saxophone甲田伸太郎が直伝! ブロウ・サックス奏法徹底攻略術
○ボブ・シェパード誌上セミナー:アンブシュアの問題を解決!

■インスト特集

○ビンテージ・サックス・ミュージアム拡大版  セルマー・スーパー・バランスド・アクション(SBA)
○サックス解体新書 彫刻師の仕事を知る
○マウスピース工房訪問 第1 回:Gottsu 試奏レポート:竹野昌邦

雑誌の詳細をみる