サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

エヴェレット・ハープ(sax)をフィーチャーした“ジェフ・ローバー・フュージョン”来日公演迫る!

一日だけの来日公演を見逃すな!

ケニー・Gやデイヴ・コーズなどのトップ・サックス・プレイヤーを世に送り出した人気キーボード奏者、ジェフ・ローバー率いる“ジェフ・ローバー・フュージョン”が来日。ブルーノート東京で10月12日に一日だけの公演を行う。

ジェフ・ローバーは10代の頃からR&Bバンドで演奏し、’70年代後半からフュージョン~スムース・ジャズの第一線で活躍。マンハッタン・トランスファー、シーナ・イーストンら多くのアーティストのプロデューサーとしても活躍した。

今回の来日公演では、ジェフ、チャック・ローブ(g)、エヴァレット・ハープ(sax)によるオールスター・ユニット“JAZZ FUNK SOUL”でも共演したエヴェレットをフィーチャー。ジェフの最新作『Prototype』からのナンバーをはじめ、さまざまな時代の名曲の演奏が予定されている。1980年代後半から頭角を現し、常にポップ、R&B、ジャズの第一線で活躍するエヴェレット・ハープのサックス・プレイは見逃せない。

公演日

2017年10月12日(木)
[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

出演メンバー:ジェフ・ローバー・フュージョン
with エヴェレット・ハープ、マイケル・マンソン & ゴードン・キャンベル

■ジェフ・ローバー(p.key)
■エヴェレット・ハープ(sax)
■マイケル・マンソン(b)
■ゴードン・キャンベル(ds)

 


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k