サックス好きのための専門誌Saxworld

SAXworld_vol6_cover_move3

ニュース

来日公演迫る! デイヴィッド・サンボーン最新インタビューを先行公開

12/11発売 サックス・ワールドVol.7 表紙&巻頭特集を飾るデイヴィッド・サンボーンがニュー・バンドを語る

 12月5日よりスタートするデイヴィッド・サンボーン来日公演。今回はワイクリフ・ゴードン(tb)、ベン・ウィリアムス(b)、アンディ・エズリン(p)、ビリー・キルソン(ds)との新プロジェクトでの公演、ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラとの1日限りのライブと、スペシャルなプログラムをブルーノート東京で展開します。

サックス・ワールドでは11月初旬にニューヨーク郊外にあるデイヴィッド・サンボーンの自宅を訪問し、最新インタビューを敢行。12/11発売のサックス・ワールドVol.7の表紙&巻頭インタビューをサンボーンが飾ります。

特集では新プロジェクトの話題はもちろん、これまでのサンボーンのキャリアを自身に振り返っていただき、サックスの可能性を躍進させた個性的な演奏スタイルがどのように形成されたかを探ります。

その中から12/6〜9の来日公演で日本初お目見えとなる新プロジェクトに関してのインタビューを先行公開します!

デイヴィッド・サンボーン・インタビュー
ニュー・バンドを語る
Interpretation/Translation:Sam Kawa,Cover photo:Saya Hishikawa

待望のニュー・バンドは、5人編成。トロンボーンのワイクリフ・ゴードン、ピアノのアンディ・エズリン、ベースのベン・ウィリアムス、ドラムスのビリー・キルソンという布陣だが、中でもサンボーンと2管のフロントラインを務めるワイクリフ・ゴードンが何と言っても最注目だ。ウィントン・マーサリスのバンドとオーケストラの出身ながら、ある意味、ニューオーリンズ出身のウィントンよりもプリミティヴで強烈なニューオーリンズ・テイストと超個性的な語り口とを持ち、ジャズとゴスペルとの融合にも積極的で、トロンボーン以外にトランペットやディジリドゥ、そして味のあるボーカルも聴かせるという、実に多彩且つユニークなワイクリフ。しかも、サンボーン自身のバンドとしては初の試みとなるアルトとトロンボーンの2管編成という点にも興味は尽きない。

○テナー・サックスとトロンボーンのバンドというのは僕もたくさん知っている。例えばクルセイダーズとか、トランペットも入るけどアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズとかね。でも、アルトとトロンボーンという組み合わせはそれほど多くないかもしれない。実は僕自身はテナー奏者になりたかったのさ。でもテナーは僕には大きすぎたんだ。

○今回のトロンボーンを加えたバンドにおいては、僕のサウンドはこれまでとはちょっと違うし、少しテナーっぽいと思うよ。それはピッチのことではなくて、トーンのクオリティやサウンド的な意味でだけど、実際にハイエンドな音もそれほどは多用していないと思う。アルト奏者というのはサウンド的にハイエンドな音が多いけど、僕はテナー奏者のようにプレイしようとしていたんだ。それが故に、僕自身はトロンボーンとの組み合わせになんの問題も無かったと言えるね。これまでも僕は中音域から低音域の音が好きで、よくダブリングをしていたし、楽器の音域レンジをいろいろと活用していたんだ。

○ワイクリフは正に自然児って感じなんだ。彼のポジティヴなスタイルは、普通の人とはちょっと違う(笑)。なにしろ彼は楽器で別の生き物が出すみたいなサウンドを生み出すことができるんだ(笑)。僕はそんな彼のプレイが好きだし、聴き手を引き込むことができるし、音楽にたくさんのエネルギーを注ぎ込みことができるんだ。彼は荒削りで賑やかなニューオーリンズ・スタイルでプレイするけど、今回は彼のこれまでのプレイからも少し離れたものと言えるね。

○今回はマイケル・ブレッカーの最後の作品『Pilgrimage』から2~3曲プレイするし、同じくマイケルの『Wide Angles』から「Night Jessamine」という曲もプレイする。それから以前の僕の曲「Sophia」(アルバム『Closer』から)や、ワイクリフの曲も何曲かプレイするし、ディアンジェロの「Spanish Joint」もプレイする。とにかく異なる様々なレンジの曲をプレイするよ。ベースのベン・ウィリアムスはアコースティック・ベースをプレイするし、これまでとはちょっと異なる感覚だと思うし、面白いものになるはずさ。

サックス・ワールド Vol.7をAmazonで購入する

公演日

デヴィッド・サンボーン
& ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ
directed by エリック・ミヤシロ

2017 12.5 tue.
[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

【出演メンバー】
デヴィッド・サンボーン(as)
エリック・ミヤシロ(tp、コンダクター)
鈴木明男(sax)
宮崎隆睦(sax)
小池修(sax)
庵原良司(sax)
山本拓夫(sax)
マイケル・ブックマン・ジュニア(tp)
佐久間勲(tp)
川上鉄平(tp)
小澤篤土(tp)
村田陽一(tb)
中川英二郎(tb)
川原聖仁(tb)
山城純子(tb)
青柳誠(p)
納浩一(b)
川口千里(ds)
岡部洋一(perc)

公演詳細

デヴィッド・サンボーン・ニュー・クインテット
featuring ワイクリフ・ゴードン、ベン・ウィリアムス、アンディ・エズリン & ビリー・キルソン

12.6 wed., 12.7 thu., 12.8 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
12.9 sat.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

【出演メンバー】
デヴィッド・サンボーン(sax)
ワイクリフ・ゴードン(sax)
ベン・ウィリアムス(b)
アンディ・エズリン(p,kb)
ビリー・キルソン(ds)

公演詳細

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

 


LATEST ISSUE

SAXworld_vol7_cover_fixRGB-e1511331002624-1.jpg

2017年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.7

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ソニー・ロリンズ
○インタビュー:スコット・ハミルトン、エヴァレット・ハープ、前田サラ(BimBamBoom)

■インスト特集

○ビンテージ・サックス・ミュージアム
コーン・アルト・サックス~女性ジャズ・サックス奏者にコーン・アルト・サックスが愛される理由~
矢野沙織、中島朱葉、平山順子

○進化し続ける新素材リードの製造現場へ潜入!
新素材から生まれたフォレストーン・リード

■スペシャル・セミナー

○小池 修が伝授! サックス音程改善術 ピッチが良くなる練習方法
○ファイヤーホーンズJuny-aが直伝! ファンク・サックス徹底攻略術! ファンク・サックスでアドリブをマスター

雑誌の詳細をみる