サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

エヴェレット・ハープ(sax)をフィーチャーした“ジェフ・ローバー・フュージョン”来日公演迫る!

一日だけの来日公演を見逃すな!

ケニー・Gやデイヴ・コーズなどのトップ・サックス・プレイヤーを世に送り出した人気キーボード奏者、ジェフ・ローバー率いる“ジェフ・ローバー・フュージョン”が来日。ブルーノート東京で10月12日に一日だけの公演を行う。

ジェフ・ローバーは10代の頃からR&Bバンドで演奏し、’70年代後半からフュージョン~スムース・ジャズの第一線で活躍。マンハッタン・トランスファー、シーナ・イーストンら多くのアーティストのプロデューサーとしても活躍した。

今回の来日公演では、ジェフ、チャック・ローブ(g)、エヴァレット・ハープ(sax)によるオールスター・ユニット“JAZZ FUNK SOUL”でも共演したエヴェレットをフィーチャー。ジェフの最新作『Prototype』からのナンバーをはじめ、さまざまな時代の名曲の演奏が予定されている。1980年代後半から頭角を現し、常にポップ、R&B、ジャズの第一線で活躍するエヴェレット・ハープのサックス・プレイは見逃せない。

公演日

2017年10月12日(木)
[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

出演メンバー:ジェフ・ローバー・フュージョン
with エヴェレット・ハープ、マイケル・マンソン & ゴードン・キャンベル

■ジェフ・ローバー(p.key)
■エヴェレット・ハープ(sax)
■マイケル・マンソン(b)
■ゴードン・キャンベル(ds)

 


LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点