サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

カーク・ウェイラムの来日公演が決定!

ソウル、ポップスの名曲をカバーした最新作『#lovecovers』を携えて来日!

スムースジャズ・シーンのトップ・アーティストとしてはもちろん、様々なアーティストとの共演や、近年は自らの原点であるゴスペル・シーンでも精力的に活動を行いスピリチュアルに満ちたプレイを聴かせてくれるカーク・ウェイラムの来日公演が決定!

ソウル、ポップスの名曲をカバーした最新作『#lovecovers』ではホイットニー・ヒューストンの名曲「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(カーク自身が原曲でサックス・ソロを演奏)をはじめ、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ビヨンセ等の名曲を、“まるでボーカルのように歌う”と賞賛されるカークのソウルフルな演奏で聴かせる。来日公演でも数々の名曲をフィーチャーした、カークの歌心に溢れた極上の演奏が期待できる。

公演日

1.12 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
1.13 sat., 1.14 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

出演メンバー

カーク・ウェイラム(sax)
ジョン・ストッダート(kb)
ケヴィン・ターナー(g)
ブレイロン・レイシー(b)
マーカス・フィンニー(ds)

カーク・ウェイラム・プロフィール

1958年7月11日テネシー州メンフィス生まれ。父親が牧師の家庭環境で育ち幼少時よりゴスペルに親しむ。高校時代にサックスを始める。南テキサス大学卒業後にボブ・ジェームス(k)のグループに加入。1985年にリーダー作『Floppy Disk』をリリース。ソロ・アーティストとしての活動のほかにラリー・カールトン(g)、ルーサー・ヴァンドロス(vo)などと共演。ホイットニー・ヒューストン(vo)のツアーやレコーディングに参加し、大ヒット曲「I Will Always Love You」のサックス・ソロでフィーチャーされる。1996年にボブ・ジェームスとのアルバム『Joined At The Hip』でグラミー賞にノミネートされる。現在はソロ・アーティストとしてコンスタントにリーダー作を発表するほか、ゴスペル作品も発表。ノーマン・ブラウン(g)、リック・ブラウン(tp)とのグループBWBでも人気を博している。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点