サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

カーク・ウェイラムの来日公演が決定!

ソウル、ポップスの名曲をカバーした最新作『#lovecovers』を携えて来日!

スムースジャズ・シーンのトップ・アーティストとしてはもちろん、様々なアーティストとの共演や、近年は自らの原点であるゴスペル・シーンでも精力的に活動を行いスピリチュアルに満ちたプレイを聴かせてくれるカーク・ウェイラムの来日公演が決定!

ソウル、ポップスの名曲をカバーした最新作『#lovecovers』ではホイットニー・ヒューストンの名曲「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(カーク自身が原曲でサックス・ソロを演奏)をはじめ、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ビヨンセ等の名曲を、“まるでボーカルのように歌う”と賞賛されるカークのソウルフルな演奏で聴かせる。来日公演でも数々の名曲をフィーチャーした、カークの歌心に溢れた極上の演奏が期待できる。

公演日

1.12 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
1.13 sat., 1.14 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

出演メンバー

カーク・ウェイラム(sax)
ジョン・ストッダート(kb)
ケヴィン・ターナー(g)
ブレイロン・レイシー(b)
マーカス・フィンニー(ds)

カーク・ウェイラム・プロフィール

1958年7月11日テネシー州メンフィス生まれ。父親が牧師の家庭環境で育ち幼少時よりゴスペルに親しむ。高校時代にサックスを始める。南テキサス大学卒業後にボブ・ジェームス(k)のグループに加入。1985年にリーダー作『Floppy Disk』をリリース。ソロ・アーティストとしての活動のほかにラリー・カールトン(g)、ルーサー・ヴァンドロス(vo)などと共演。ホイットニー・ヒューストン(vo)のツアーやレコーディングに参加し、大ヒット曲「I Will Always Love You」のサックス・ソロでフィーチャーされる。1996年にボブ・ジェームスとのアルバム『Joined At The Hip』でグラミー賞にノミネートされる。現在はソロ・アーティストとしてコンスタントにリーダー作を発表するほか、ゴスペル作品も発表。ノーマン・ブラウン(g)、リック・ブラウン(tp)とのグループBWBでも人気を博している。


LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k