サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

ケニー・ギャレット来日迫る!

来週3月12日から東京、名古屋の3会場で公演

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズやマイルス・マイルス・デイヴィス・グループなどジャズの歴史のなかでもとりわけ特別な存在であるバンドに参加し、コンテンポラリー・サックス・シーンを牽引してきたケニー・ギャレットが来日。来週3月12日(月)~15日(木)に東京と名古屋でライブを行う。

テナーを彷彿させる野太いアルト・サックスの音色、ブラック・フィーリング溢れるリズム感、ジャズの歴史を包括するようなフレージングなどケニーの個性的で現在屈指のサックス・プレイをぜひ体験して欲しい。

公演詳細

■公演日
2018. 3.12.mon
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
■会場/問い合わせ先
コットンクラブ
〒100-6402 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F
JR東京駅丸の内南口より徒歩2分 
TEL 03-3215-1555

■公演日
2018 3.13 tue., 3.14 wed.
[1st.show]  Open5:30pm Start6:30pm 
[2nd.show] Open8:20pm Start9:00pm
■会場/問い合わせ先
ブルーノート東京
〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

■公演日
2018.3.15 thu.
[1st.show ] open 5:30pm start 6:30pm 
[2nd.show] open 8:30pm start 9:15pm 
会場/問い合わせ先
ブルーノート名古屋
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目22−20 ダイテックサカエビル
地下鉄栄駅下車 徒歩約5分
TEL 052-961-6311

 

出演メンバー

ケニー・ギャレット(sax)
バーネル・ブラウン(p)
コーコラン・ホルト(b)
ルディ・バード(perc)
サミュエル・ラヴィゾ(ds)

ケニー・ギャレット・プロフィール

1960年10月9日、デトロイト生まれ。9歳でサックスを始め、高校時代にはトップ40などを演奏するバンドで活躍。地元での活動を経た後、1978年にマーサー・エリントン楽団に参加。1980年にニューヨークへ拠点を移しフレディ・ハバード(tp)、ウディ・ショウ(tp)、ジョージ・コールマン(ts)などのバンドや、アウト・オブ・ブルーに参加。1984年にCRISS CROSSより初リーダー作『INTRODUCING KENNY GARRETT』を発表。その後、 アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズでの活動を経てから、1987年にマイルス・デイビス・グループに参加し、一躍脚光を浴びる。現在はソロ・アーティストとしての活動をメインにリーダー作も多くリリースしている。


LATEST ISSUE

2019年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.12

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:キャンディ・ダルファー& sax triplets
○ジャズの巨匠:レスター・ヤング
○インタビュー:ケニーG
○テナー・サックス奏者座談会 川嶋哲郎/藤井尚之/米澤美玖

■インスト特集
○ビンテージ・サックス・ミュージアム マウスピース編  セルマ—・マウスピース
○マウスピース・メーカー訪問 ヤナギサワ

■誌上セミナー
○エリック・マリエンサルが直伝! サックス基礎演奏力向上セミナー
○住谷美帆 サクソフォン運指スピードアップ術

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「モーメンツ・ノーティス」ジョン・コルトレーン アレンジ&演奏:青柳誠 
○「卒業写真」 荒井由実 演奏:伊勢賢治 
○「サマータイム」 Summertime 演奏:山田拓児&西口明宏
○「悲しみがとまらない」杏里 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「ダニー・ボーイ」サム・テイラー(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k