サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

ファンク・サックスの第一人者メイシオ・パーカーが来日!

レイ・チャールズのトリビュート・ライブをビッグバンドとコーラス隊をバックに繰り広げるスペシャル・プログラム

ジェームス・ブラウンらとともにファンク・ミュージックを築き挙げてきた“ファンキー・サックスの王者”、メイシオ・パーカーが来日。8年ぶりにブルーノート東京にて公演を行う。

今回は「ホワッド・アイ・セイ」、「わが心のジョージア」などの大ヒット曲を持ち、メイシオが敬愛するレイ・チャールズのトリビュート・ライブを敢行。バックの演奏を務めるビッグバンドは日本を代表するトップ・プレイヤーが集結した豪華な顔ぶれで、コーラスはレイゆかりの“レイレッツ”、コンダクターは17年間レイのバンドに在籍したスティーヴ・ジグムンドが参加し、メイシオ・ファンはもちろんレイ・チャールズ・ファンにも見逃せないプログラムとなっている。

ブルーノート東京30周年記念スペシャル・プログラムに相応しい、まさにスペシャルなライブを体験して欲しい。

公演詳細

■公演名
Blue Note Tokyo 30th Anniversary presents
メイシオ・パーカー & ヒズ・ビッグ・バンド
“ディス・イズ・レイ・チャールズ”
featuring ザ・レイレッツ & スティーヴ・シグムンド

■公演日
6.7 thu., 6.8 fri.

[1st]Open5:30pm Start6:30pm
[2nd]Open8:20pm Start9:00pm

6.9 sat., 6.10 sun.
[1st]Open4:00pm Start5:00pm
[2nd]Open7:00pm Start8:00pm

■会場/問い合わせ先
ブルーノート東京
〒107-0062東京都港区南青山6-3-16
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
TEL 03-5485-0088

 

出演メンバー

メイシオ・パーカー(ボーカル、サックス)

エレイン・ウッダード [ザ・レイレッツ](バック・ボーカル)
カトリーナ・ハーパー [ザ・レイレッツ](バック・ボーカル)
カレン・イヴァンス [ザ・レイレッツ](バック・ボーカル)

スティーヴ・シグムンド(コンダクター)

本田雅人(サックス)※6.7, 6.8&6.10のみ
鈴木圭(サックス)※6.9のみ
近藤和彦(サックス)
小池修(サックス)
庵原良司(サックス)
アンディ・ウルフ(サックス)

エリック・ミヤシロ(トランペット)※6.7&6.10のみ
佐久間勲(トランペット)※6.8のみ
川上鉄平 (トランペット)※6.9のみ
奥村晶(トランペット)
佐々木史郎(トランペット)
二井田ひとみ(トランペット)

村田陽一(トロンボーン)
中川英二郎(トロンボーン)※6.7, 6.8&6.10のみ
鹿討奏(トロンボーン)※6.9のみ
半田信英(トロンボーン)※6.7, 6.8&6.10のみ
東條あづさ(トロンボーン)※6.9のみ
朝里勝久(トロンボーン)

今泉洋(ギター)
小倉泰治(ピアノ)
川村竜(ベース)
岩瀬立飛(ドラムス)

メイシオ・パーカー最新作


『IT’S ALL ABOUT LOVE』2018年

 

『IT’S ALL ABOUT LOVE』をAmazonで購入する


LATEST ISSUE

2019年6月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.13

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:ケニーG
○ジャズの巨匠:ウェイン・ショーター
○インタビュー:デイヴ・コーズ

■インスト特集
○サックス解体新書 リード大特集
○ソプラノ・サックス用マウスピース全18モデルを徹底比較
○セルマー・スーパー・サックス(SSS)

■誌上セミナー
○大山日出男が伝授 スウィングの苦手意識を克服! ジャズにおけるリズムの研究
○ボブ・レイノルズ 日々の練習のヒント
○ブロウ・サックスに挑戦! 藤井尚之 ×古畑奈和(SKE48)
○新連載:石川周之介のジャズの名曲でマスターするサックス上達セミナー

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ネイマ」ジョン・コルトレーン 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「PIECE OF MY WISH」 今井美樹 
 演奏:伊勢賢治 
○「ストライク・アップ・ザ・バンド」  
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「オールウェイズ・ゼア」ロニー・ロウズ 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○「乾杯」長渕剛(CD未連動)


ZOOM Q4n-4k