サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

米澤美玖 presents TENOR SAX SUMMIT! 開催!

米澤美玖、藤田淳之介、石井裕太、今井晴萌、4人のテナー奏者が競演!

今年4月にキングレコードよりメジャー・デビュー作『Exotic Gravity』をリリース、そのテクニカルなプレイと独創的エキゾチック・フュージョン・サウンドが硬派ジャズ〜フュージョン・ファンからも賞賛されてる米澤美玖。現在もっとも注目を集めているテナー・サックス・プレイヤーである彼女が、3人のテナー奏者に声を掛けテナー・サックス4本を大フィーチャーしたライブをプロデュース。6月28日(金)に六本木クラップスにて『米澤美玖 presents TENOR SAX SUMMIT!』を開催する。今回の米澤が競演相手に選んだのは米澤と同世代の注目の新進テナー奏者、石井裕太、今井晴萌。さらにTRI4THで大活躍中のベテラン、藤田淳之介を招えて4人で繰り広げられる超絶系テナー・サックス奏者によるバトルは、白熱の演奏になること間違いなし! テナー・サックスならではの豪快かつ重厚なサウンドの魅力を、本ライブで存分に味わっていただきたい。

ライブ概要

ライブ・タイトル:「米澤美玖 presents TENOR SAX SUMMIT!」
実施日:2019年6月28日(金)
時間:開場:18:30 開演:19:30
会場:六本木クラップス
            〒106-0032 東京都港区六本木3丁目16−33 青葉六本木ビル B1
   ◆地下鉄日比谷線六本木駅 徒歩5分
   ◆都営大江戸線六本木駅 徒歩5分
   ◆地下鉄南北線六本木一丁目 徒歩7分

<ご予約 / お問い合わせ>
六本木クラップス
 tel:03-5485-5771(受付:月~金/12:00~18:00)/tel:03-6441-3171(公演当日15:00~)

 

   
 
【出演】
 米澤美玖(ts)、藤田淳之介(ts)、石井裕太(ts)、今井晴萌(ts)
 
 小川悦司(g)、安部潤(kb)、熊谷望(b)、吉川弾(ds)

米澤美玖 プロフィール

8歳よりテナー・サックスを始め、11歳よりJAZZを始める。2018年リリースの3rdアルバムはAmazon 日本のジャズ部門24日間ベストセラー1位、iTunes Store Jazzのトップ・アルバムを記録。2019年リリースのジャズ・スタンダード集もAmazon 日本のジャズ部門で80日間のベストセラー1位を記録するなど、今最も注目されている若手女性サックス奏者である。国内トップ・クラスのミュージシャンとのリーダー・ライブを展開し注目を浴びているが、それ以外にもデヴィッド・マシューズ・ビッグバンドやGLAYのTAKUROのツアーに参加するなど、その活躍の幅をさらに広げている。
 

サックス・ワールドVol.12にて、米澤美玖出演の
テナー・サックス奏者座談会(藤井尚之×川嶋哲郎×米澤美玖)を掲載

サックス・ワールド Vol.12をAmazonで購入

 

LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k