サックス好きのための専門誌Saxworld

古畑奈和(SKE48)の輝け!サクソフォン次世代エースへの道

古畑奈和(SKE48)の輝け!サクソフォン次世代エースへの道 第17回 バラードの演奏に チャレンジ! Lesson①-1 ルバート(rubato)に挑戦

課題曲:「New York State of Mind」(ニューヨークの想い)/ビリー・ジョエル

テレビ番組やライブ、雑誌などでサックスの演奏を披露し、ファンの間でその腕前が話題となっているSKE48の古畑奈和。このコーナーは彼女に様々なジャンルの音楽やサックスに関するいろんなことを体験してもらって、さらにサックスの腕前を磨いてもらうという連載企画です。

今回のテーマは“バラード”。山﨑ユリエを講師にお迎えし、ビリー・ジョエルのバラードの名曲「New York State of Mind」(邦題「ニューヨークの想い」)を課題曲に、メロディーの歌い方など、さらに表現豊かにバラードが演奏できるためのノウハウを教えていただきます。早速レッスンの模様をレポートしましょう。

※本動画は雑誌『サックス・ワールドVol.18』の取材シーンを記録用に収録したものです。一部に写真撮影時のフラッシュ発光や音声にノイズがあることをご了承ください。

サックス・ワールド Vol.18をAmazonで購入


古畑奈和 [ふるはた・なお]

1996年9月15日生まれ、愛知県出身。SKE48チームKⅡに所属。サックスを中学の吹奏楽部で始め、テレビ番組『AKB48 SHOW』やSKE48のコンサートでその腕前を披露。2013年から2015年までSKE48とAKB48を兼任。歌唱力や演技力にも定評があり、テレビ番組『AKBINGO! 第3回AKB48で1番歌が上手いのは誰だ!~ディパチャン!~』に出演。見事1位を獲得している。2017年10月発売の1stソロ・シングル「オルフェス」は目標数の1万枚をクリアし、5曲入りミニ・アルバムの発売が決定。2018年開催の『第10回AKB48選抜総選挙』では15位にランクイン、2年連続で “選抜入り”を果たす。

山﨑ユリエ(as) & 斉藤アリア(kb)

■プロフィール
山﨑ユリエ:静岡県出身。名古屋芸術大学にピアノで入学するも、入学後初めて目にしたビッグバンドのライブに魅了され翌年Jazz,Popsコースに転科。サックスを本格的に始める。2012年単身渡米。ロサンゼルスでセッションを周り武者修行に励む。2014年から拠点を東京に移し、2018年初のミニ・アルバム『Spirit』をリリース。LAで培ったブラック・ミュージックを自らの核としてグルーブと歌心で熱くアプローチするサックス・プレイヤー。

斉藤アリア:キーボード、トーク・ボックス奏者。1988年福岡出身。3歳のころより、作曲家の母のもとクラシック・ピアノと作曲を学ぶ。小学5年生からポピュラー・ミュージックに憧れ、高校時代から地元のインディーズ・アーティストのサポートをきっかけに、J-POPのサポート・ミュージシャンを目指す。2010年上京後、ブラック・ミュージックを中心に、m.c.A・T、DA PUMP、堂本剛(KinKi Kids)、らのサポートで活動中。

斉藤アリア(kb) & 山﨑ユリエ(as)


LATEST ISSUE

2021年6月11日発売

サックス・ワールドVol.21
創刊5周年記念号

◎表紙&創刊5周年記念特集①:GAMO & 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
◎創刊5周年記念特集②:スペシャル座談会 トップ・サックス奏者が語るジャズの現在と未来
 ボビー・ワトソン/ウィリー・ウィリアムス/ジェームス・カーター/ジャリール・ショウ
◎ジャズの巨匠:ベニー・ゴルソン(奏法分析:岡崎正典)

■インスト特集
◎徹底解剖!! セルマー・パリ最新モデル シュプレームの実力
◎ブリルハート・マウスピースのすべて(試奏:池田篤)

■奏法ノウハウ特集
◎太田剣 直伝 ソプラノ・アルト・テナー! サックス持ち替えの極意

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○ 「虹」(STAND BY ME ドラえもん 2主題歌)菅田将暉(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「モーメンツ・ノーティス」(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「め組のひと」ラッツ&スター(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ インベンション 第2番 BWV773」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP