サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

デヴィッド・ボウイの遺作『★』の主要メンバーであり、N.Y.ジャズの現在をリードするダニー・マッキャスリン(ts)が来日!

2月初旬にブルーノート東京にて公演!

1987年にゲイリー・バートン・グループに参加、1991年にマイケル・ブレッカーの後継としてステップス・アヘッドに加入、現在はマリア・シュナイダー・オーケストラでの活動などでニューヨーク・ジャズ・シーンをリードするサックス奏者ダニー・マッキャスリンが自身のリーダー・バンドを率いて来日。2月初旬にブルーノート東京で公演を行う。

今回のライブではデヴィッド・ボウイの遺作となった『★』の主要レコーディング・メンバー、ダニー・マッキャスリン(ts)、マーク・ジュリアナ(ds)、ジェイソン・リンドナー(kb)、ティム・ルフェーヴル(b)の4人が集結。現在最高峰といえるミュージシャンたちによるカッティング・エッジなサウンドは見逃せない!

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
03-5485-0088

公演サイト

公演日時

2017年2月1日(水)、2日(木)
[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

出演メンバー:《ダニー・マッキャスリン・グループ》

■ダニー・マッキャスリン(sax)
■ マーク・ジュリアナ(ds)
■ティム・ルフェーヴル(b)
■ジェイソン・リンドナー(key)

 

最新リーダー作『ビヨンド・ナウ』

1007165317

『ビヨンド・ナウ』をAmazonで購入する


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k