サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

AKB48 井上ヨシマサ「神曲縛り」公演で古畑奈和がサックス生演奏を披露!

歌や踊りなどパフォーマンスに定評のある実力派メンバー16人が出演

AKB48劇場にて2017年7月20日(木)、作曲家・井上ヨシマサ プロデュースによる「神曲縛り」初公演が行われた。今回のセット・リストは井上作曲の“神曲”を中心に選曲。48グループから井上に“パフォーマンス選抜”で選ばれた歌や踊りに定評のある実力派メンバー16人が出演、実力派ならではのハイレベルなパフォーマンスを披露した。中盤のユニット曲コーナーでは、サックス・ワールドの連載「輝け!サクソフォン次世代エースへの道」 でお馴染みのSKE48古畑奈和がサックスの生演奏を披露。竹内美宥のピアノと一緒に演奏した「泣きながら微笑んで」ではアルト・サックスで岡田奈々のボーカルを好サポート。次の曲ではボーカルに峯岸みなみが加わり、ボサノバにアレンジされた「Everyday、カチューシャ」を4人で演奏。この曲では古畑はテナー・サックスに持ち替えてしっとりとした演奏を聴かせた。

トップ写真:AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演 /左より竹内美宥(p)、岡田奈々(vo)、古畑奈和(sax)  ©AKS

_K1_1005

 AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演 ©AKS

_K1_2346

AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演/●前列左より、峯岸みなみ、横山由依、井上ヨシマサ、岡田奈々、竹内美宥●後列左より横山結衣、古畑奈和、神志那結衣 ©AKS


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k