サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

AKB48 井上ヨシマサ「神曲縛り」公演で古畑奈和がサックス生演奏を披露!

歌や踊りなどパフォーマンスに定評のある実力派メンバー16人が出演

AKB48劇場にて2017年7月20日(木)、作曲家・井上ヨシマサ プロデュースによる「神曲縛り」初公演が行われた。今回のセット・リストは井上作曲の“神曲”を中心に選曲。48グループから井上に“パフォーマンス選抜”で選ばれた歌や踊りに定評のある実力派メンバー16人が出演、実力派ならではのハイレベルなパフォーマンスを披露した。中盤のユニット曲コーナーでは、サックス・ワールドの連載「輝け!サクソフォン次世代エースへの道」 でお馴染みのSKE48古畑奈和がサックスの生演奏を披露。竹内美宥のピアノと一緒に演奏した「泣きながら微笑んで」ではアルト・サックスで岡田奈々のボーカルを好サポート。次の曲ではボーカルに峯岸みなみが加わり、ボサノバにアレンジされた「Everyday、カチューシャ」を4人で演奏。この曲では古畑はテナー・サックスに持ち替えてしっとりとした演奏を聴かせた。

トップ写真:AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演 /左より竹内美宥(p)、岡田奈々(vo)、古畑奈和(sax)  ©AKS

_K1_1005

 AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演 ©AKS

_K1_2346

AKB48井上ヨシマサ「神曲縛り」公演/●前列左より、峯岸みなみ、横山由依、井上ヨシマサ、岡田奈々、竹内美宥●後列左より横山結衣、古畑奈和、神志那結衣 ©AKS


LATEST ISSUE

2022年6月13日発売

サックス・ワールドVol.25

◎表紙&巻頭特集:T-SQUARE 
○スペシャル対談:伊東たけし & 本田雅人
○伊東たけしが語るセルマー・シュプレームの魅力

◎ジャズの巨匠:ガトー・バルビエリ

◎インタビュー
○本多俊之&東京藝大スペシャルウィンドオーケストラ
○今井晴萌×清水玲奈
○堀江有希子

◎インスト特集
○ヤナギサワ・サックスの歴史
○マウスピース工房訪問:ジョディ・ジャズ
○B.AIR エアスルー減音サポートシステム活用術

◎奏法ノウハウ企画(CD連動)
馬場智章 直伝  サックスだけでコードを感じさせるアドリブ・アプローチ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「TAKARAJIMA(バラード・アレンジ)」T-SQUARE/演奏:伊勢賢治
○「ドナ・リー」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「ソー・イン・ラヴ」(『日曜洋画劇場』エンディング・テーマ)(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○   映画「タクシー・ドライバーのテーマ」(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション第6番 BWV 777(as/ts)」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「二人でお茶を(Tea for Two)」(as duo/ts duo)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k