サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

スムース・ジャズのトップ・アーティスト、ジェラルド・アルブライトがデビュー30周年を記念してスタジオ録音盤をリリース

30枚目のアルバムを5/18に発売!

西海岸を拠点に活躍するサックス奏者ジェラルド・アルブライトがデビュー30周年記念盤で30枚目のリーダー・アルバムとなる『30』をリリースする。

自身のレーベルを立ち上げてリリースした『G』から2年振りの新作で、スムース・ジャズのトップ・サックス奏者ならではのアーバン&ファンキーなナンバーを10曲(ボーナス・トラックを含む)を収録。サックスはもちろん、お得意のベースの演奏も大フィーチャー。ジェラルドのホットでグルーヴ感あふれるプレイが存分に楽しめるアルバムだ。

『30』をAmazonで購入する

収録曲

1)Revival
2)Aroma Night(For Moon City)
3)Plasma
4)Merry-go-round In The Sky
5)Astral Projection
6)Your Happiness
7)Providence
8)Beyond The Forest

定価:¥2,300(税別)
発売日:2018年5月18日

 

Profile: ジェラルド・アルブライト

1957年生まれ。アメリカ、カリフォルニア州出身。西海岸のフュージョン、スムース・ジャズ・シーンを代表するサックス奏者のひとり。アニタ・ベイカー、レイ・パーカーJr.、モーリス・ホワイトなど、数多くの有名アーティストのアルバムやツアーをはじめ、テレビや映画音楽など、幅広い分野で活躍。パワフルで歌心に満ちたプレイは人気が高く、グラミー賞に通算8度ノミーネートされている。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k