サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

現代N.Y.ジャズの英知、マリア・シュナイダー・オーケストラ3年半ぶりの来日公演

6月にブルーノート東京にて公演!

現代ニューヨーク・ジャズ・シーンを代表するジャズ・オーケストラ、マリア・シュナイダー・オーケストラが3年半ぶりに来日。6月にブルーノート東京にて公演を行う。

今回の公演では、結成当時からのオーケストラのメンバーであるリッチ・ペリー(ts)、スコット・ロビンソン(bs)、チック・コリアのオリジンなどの活動で知られるスティーヴ・ウィルソン(as)、2月に自己のグループで来日したばかりのダニー・マッキャスリン(ts)など、ニューヨーク・ジャズ・シーンの凄腕メンバーが集結。

最新作『ザ・トンプソン・フィールズ』収録曲など過去の作品はもちろん、まだレコーディングもされていない新曲も披露される予定だ。

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
03-5485-0088

公演サイト

公演日時

6月7日 (水)、6月8日(木)、 6月9日 (金)
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
6月10日(土) 、 6月11日 (日)
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

出演メンバー:《マリア・シュナイダー・オーケストラ》

■マリア・シュナイダー(コンポーザー、コンダクター)

■スティーヴ・ウィルソン(アルト・サックス)
■デイヴ・ピエトロ(アルト・サックス)
■リッチ・ペリー(テナー・サックス)
■ダニー・マッキャスリン(テナー・サックス)
■スコット・ロビンソン(バリトン・サックス)

■グレッグ・ギスバート(トランペット)
■ジョナサン・ハイム(トランペット)
■ナージャ・ノールドハウス(トランペット)
■マイク・ロドリゲス(トランペット)

■キース・オークイン(トロンボーン)
■ライアン・ケベール(トロンボーン)
■ティム・オルブライト(トロンボーン)
■ジョージ・フリン(トロンボーン)

■ゲイリー・ヴェルサーチ(アコーディオン)
■フランク・キンブロー(ピアノ)
■ベン・モンダー(ギター)
■ジェイ・アンダーソン(ベース)
■クラレンス・ペン(ドラムス)

『Thompson Fields』

81BUubuSRAL._SL1500_

「Thompson Fields」をAmazonで購入する


LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k