サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

現代N.Y.ジャズの英知、マリア・シュナイダー・オーケストラ3年半ぶりの来日公演

6月にブルーノート東京にて公演!

現代ニューヨーク・ジャズ・シーンを代表するジャズ・オーケストラ、マリア・シュナイダー・オーケストラが3年半ぶりに来日。6月にブルーノート東京にて公演を行う。

今回の公演では、結成当時からのオーケストラのメンバーであるリッチ・ペリー(ts)、スコット・ロビンソン(bs)、チック・コリアのオリジンなどの活動で知られるスティーヴ・ウィルソン(as)、2月に自己のグループで来日したばかりのダニー・マッキャスリン(ts)など、ニューヨーク・ジャズ・シーンの凄腕メンバーが集結。

最新作『ザ・トンプソン・フィールズ』収録曲など過去の作品はもちろん、まだレコーディングもされていない新曲も披露される予定だ。

会場/問い合わせ先

ブルーノート東京

〒107-0062東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
東京メトロ表参道駅下車 徒歩約8分
03-5485-0088

公演サイト

公演日時

6月7日 (水)、6月8日(木)、 6月9日 (金)
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
6月10日(土) 、 6月11日 (日)
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

出演メンバー:《マリア・シュナイダー・オーケストラ》

■マリア・シュナイダー(コンポーザー、コンダクター)

■スティーヴ・ウィルソン(アルト・サックス)
■デイヴ・ピエトロ(アルト・サックス)
■リッチ・ペリー(テナー・サックス)
■ダニー・マッキャスリン(テナー・サックス)
■スコット・ロビンソン(バリトン・サックス)

■グレッグ・ギスバート(トランペット)
■ジョナサン・ハイム(トランペット)
■ナージャ・ノールドハウス(トランペット)
■マイク・ロドリゲス(トランペット)

■キース・オークイン(トロンボーン)
■ライアン・ケベール(トロンボーン)
■ティム・オルブライト(トロンボーン)
■ジョージ・フリン(トロンボーン)

■ゲイリー・ヴェルサーチ(アコーディオン)
■フランク・キンブロー(ピアノ)
■ベン・モンダー(ギター)
■ジェイ・アンダーソン(ベース)
■クラレンス・ペン(ドラムス)

『Thompson Fields』

81BUubuSRAL._SL1500_

「Thompson Fields」をAmazonで購入する


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修