サックス好きのための専門誌Saxworld

製品レビュー

Chateau CBS-H92DL

バリトンならではの重厚なサウンド
ストレス無く演奏できる吹奏感と操作性

  シャトーのハンドメイド・シリーズからバリトン・サックスを試奏させていただきました。全体的に赤みがかった管体は銅が92%のレッド・ブラスという素材で作られています。美しい仕上げと細部まで入れられた彫刻はフラッグシップ・シリーズの威厳を感じさせてくれますね。
 手に持つとやや大柄なキィ配置ながら操作しやすく、ストレス無く演奏できるでしょう。Low Aキィの形状が平なので、親指の指先をサム・レストに付けたままキィ操作するタイプの方は最初しばらく押しにくいかも知れません。とはいえ操作に慣れてしまえば特に問題になることはないと思います。
 まず感じるのが音一つ一つの重厚さ。どのような吹き方に対しても重心の低いサウンドを聴かせてくれます。弱い音はサブトーンのように甘く響き、強く吹き込んでいくとザラついた音色が顔を出して音色の変化を楽しむことができます。音程は強いて言えば下が低め、上が高めの標準的な傾向で、特に高い音はアンブシュアをタイトにすることなく良い音程を得られます。普段使用しているフランス・セルマー・マークⅥと比較すると若干抵抗感がありますが、息の入りが良くストレスになるようなことはありません。その分太く艶やかに鳴るので気持ち良く吹ける感覚です。
 フラッグシップ・モデルとしては安価な設定となっているので、バリトンをお探しの皆様ぜひお試しください!


ダーク・ラッカー仕上げが新登場

素材の92%が銅であるレッド・ブラスを使用したハンドメイド・シリーズのバリトン・サックスにダーク・ラッカー仕上げが新たに加わった。高級感のある深い飴色が特徴でビンテージ・サックスを彷彿させる

ブラス製サム・フックやニードル・スプリングを採用

耐久性の高いニードル・スプリングを採用。サム・フックとサム・レストは、音の広がりを抑制し、芯のある低音を追求したブラス製

キャスター付き高級ハード・ケース付属

重量のあるバリトン・サックス用にキャスター付きのGLケース製高級ハード・ケースを付属。軽量ながら堅牢性の高いABS樹脂を採用

(撮影:田坂圭)

620,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATIONS ●管体:レッド・ブラス(92%-Copper)●塗装:ダーク・ラッカー仕上げ●彫刻:ベル、1番管、2番管●パッド:ピゾーニ・プロ・パッド●その他仕様:ブラス・サム・フック&サム・レスト、ニードル・スプリング、一体型キィ・ポスト台座、座奏用ペグ付き●付属品:GLケース、マウスピース、リガチャー、グリス、ストラップ、スワブ、リード
■試奏環境 マウスピース:オットーリンク・メタル7、リード:バンドーレン・トラディショナル(青箱)2 1/2、リガチャー:オットーリンク・リガチャー

 
Chateau CBS-H92DL試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol8_cover_fix_RGB

2018年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.8

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:カーク・ウェイラム
○ジャズの巨匠:コールマン・ホーキンス
○インタビュー:デイヴィッド・サンボーン、ユッコ・ミラー、MATSU(EXILE)

■インスト特集

現代のサックスの操作性とビンテージ・サウンドの魅力を兼ね備えた モダン・ビンテージ・サックスの魅力

■スペシャル・セミナー

○雲井雅人直伝! サックス音程改善術Ⅱ クラシック編
○マックス・イオナータ アドリブ・セミナー
○ディック・オーツ(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)誌上セミナー ビッグバンドとコンボの演奏スタイルの相違点