サックス好きのための専門誌Saxworld

バリトン・サックス

Chateau CBS-H92B

立ち上がりが速い低音が魅力 シャトー・バリトンの上位モデル

 シャトーからハンド・メイド・シリーズのバリトン・サックス、ブラック・ニッケル・メッキ・モデルが登場。黒光りするボディが非常に魅力的で、ステージ映えすることこの上ない。上位機種だけあって管体にレッド・ブラスが奢られていたり、金属製のサム・フック&サム・レストやニードル・スプリング、ビゾーニのPROパッドなど各メーカーのフラグシップ・モデルが採用する仕様となっています。

 ストラップリングが3連になっていて自分の好みの位置を選択することができるのも○。大きな楽器を楽に演奏できる工夫がなされています。持った印象はやや大柄ながら手に馴染むキィ・レイアウトで、速いパッセージもなんのその。とてもよくできています。

 吹いた感覚はレッド・ブラスらしく、音に重厚感があります。それでいてブラック・ニッケル・メッキのハッキリした成分が相まって、バリトンに求められる迫力のあるサウンドを実現しています。

 程よい抵抗感は全音域でフラットに吹くことが可能。特にバリトンでは重要な低音の立ち上がりが速いのが好印象。音程は上のオクターブが高めになるが一般的なレベル。楽器の個性に慣れてしまえば問題になることはないでしょう。このルックスとガッツのある音色で、ポピュラーやファンク・ミュージックで威力を発揮すること間違いナシ!


ブラック・ニッケル・メッキ仕上げ

銅の含有量92%のレッド・ブラスにブラック・ニッケル・メッキを施した管体

着脱式ペグが付属

座奏時の演奏姿勢に合わせて高さ調節可能な着脱式ペグ(レスト)が付属

3連のストラップ・リング

ストラップ装着位置を選択可能な3連のストラップ・リングを採用

 

(撮影:田坂圭)

680,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATION ●管体:レッド・ブラス(92%-Copper) ●塗装:ブラック・ニッケル・メッキ仕上げ ●彫刻:あり ●パッド:ピゾーニPROパッド ●その他仕様:Low A キィ付き、ブラス製サム・フック&サム・レスト、ニードル・スプリング ●付属品:着脱式ペグ、ケース、マウスピース、リガチャー、グリス、ストラップ、スワブ、リード

■試奏環境 マウスピース:オットーリンク・メタル#7 リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2 リガチャー:オットーリンク純正


Chateau CBS-H92B試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k