サックス好きのための専門誌Saxworld

ニュース

本多俊之 YouTube動画 サックス5重奏「マルサの女」、「家族ゲーム」を公開中!

故 新井靖志(ts)参加時の貴重な動画を公開!

本多俊之のYouTubeチャンネル「DINOSAX / Toshiyuki Honda Channel」にて、本多が音楽を担当した人気作品、映画『マルサの女』より「マルサの女」のテーマと、TVドラマ『家族ゲーム』のサウンドトラックから「遊戯」の動画が公開された。

「マルサの女」のテーマは2016年7月22日に行われた、トルヴェール・クワルテットのオリジナル・メンバーとのPITINN50周年記念ステージから、本多俊之(ss)、須川展也彦(ss)、彦坂眞一郎(as)、新井靖志(ts)、田中靖人(bs)のサックス5重奏+本多尚美(p)の編成での演奏。

『家族ゲーム』のサウンドトラックより、「遊戯」は本多俊之(ss)、松原孝政(ss)、彦坂眞一郎(as)、新井靖志(ts)、長澤範和(bs)のレコーディング・メンバーによるSax五重奏のパフォーマンスで、 2014年5月に開催された、PITINNゴールデンウィークSpecial Liveのステージより。  

どちらの動画も故 新井靖志(Ts)が参加した貴重な演奏が公開されている。

本多 俊之 プロフィール

サックス奏者。作・編曲家、プロデューサー、東京藝術大学非常勤講師。東京生まれ。日本を代表するプレイヤーとして、チック・コリア、フレディー・ハバード等、内外の著名ミュージシャンと共演して人気を博す一方、作・編曲家としても、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した映画「マルサの女」(伊丹十三監督)をはじめとする伊丹作品の他、映画、TVドラマ、アニメ、舞台など幅広い分野の楽曲、さらにCMや、クラシックの新作委嘱作品まで多彩で精力的な活躍を続け、いずれも高い評価を得ている。また後進の育成や、吹奏楽の指導などにも心血を注ぐ。
 

サックス・ワールドVol.17(2020年6月11日発売) 
1970〜80年代J-フュージョンのサックス奏者大特集にて、
本多俊之最新インタビュー&貴重写真を記事を掲載! 

サックス・ワールド Vol.17をAmazonで購入

 
 
 

LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k