サックス好きのための専門誌Saxworld

イベント

NYで最も注目を集める新進サックス奏者 チャド・レフコウィッツ-ブラウンのサックス・マスター・クラス開催!

10月20日石森管楽器 地下ホールにて開催!

異色な経歴を持つジャズ・ピアニスト&コンポーザー中原美野が、自身のデビュー作『A Ray of Light』に全面的に参加し、現在ニューヨークのジャズ・シーンで最も注目されている新進サックス奏者“チャド・レフコウィッツ-ブラウン”を招いたサックス・マスター・クラス&ライブを開催する。

待望の来日となるチャドのハイレベルな演奏技術と、自由に選び繋ぐイマジネーションの豊富さ、唯一無二かつ最先端なレパートリーを間近で体験できるチャンス。ぜひお見逃しなく。

イベント内容


タイトル
:チャド・レフコウィッツ-ブラウン サックス・マスター・クラス&ミニ・ライブ
︎日程:2018年10月20日 (土)
会場 : 石森管楽器 地下ホール JR中央・総武線大久保駅より徒歩3分
時間 :Open 12:00 Start 12:30

出演 
チャド・レフコウィッツ-ブラウン (sax)
中原 美野(p)
山本 連(eb)
柴田 亮 (ds)

通訳:石川 周之介

タイムテーブル
12:00 開場
12:30 マスタークラス
13:45 ミニライブ
14:15 質疑応答
14:45 終了予定

料金
一般 : ¥3,500
学生 : ¥3,000(要学生証提示)

予約/お問い合わせ 

Mail:info@yoshinonakahara.com

石森管楽器  Tel:03-3360-4970 
www.ishimori-co.com/page/event

イベント詳細/Web予約

プロフィール:チャド・レフコウィッツ-ブラウン

ニューヨーク・デイリー・ニュースにて「sax phenom (サックスの天才)」と認められ、ミレニアム世代から生まれた初の有名なジャズ・ミュージシャンの一人とされている。 ピアニスト、アルトゥーロ・オファリルのAfro-Latin Jazz Orchestraのメンバーとして、グラミー賞を受賞。Taylor Swiftのバック・ミュージシャンとしても活躍。最新アルバム『Onward』は、ダウンビート・マガジンの2017年のEditor’s Pickに選ばれ、“彼のテクニックが、驚くほど複雑なラインのむずかしさを隠している”と絶賛される。現在 San Francisco Conservatoryの客員の教員として、ジャズやサックスを教えている。 自身のlnstagramやYouTubeに頻繁に投稿される動画が世界中で反響を呼んでいる。日本にも数多くのファンがおり、 ジャズ・ミュージシャンの間でも話題 。lnstagramのフォロワー数は、32,500人。チャドのインプロヴィゼーションを楽譜におこしたファンによるTranscription Bookが出版される。デビュー・アルバム『Imagery Manifesto』は、ジャズ評論家により”Debut Album of the Year”と評された。ソロイストとして、またあらゆるジャズ・ミュージシャンやポップ・アーティストと共に世界中をツアー。
Instagram https://www.instagram.com/chadlbsax

※同日夜、Tokyo TUCにて中原 美野カルテット feat. チャド・レフコウィッツ-ブラウンのライブも開催

ライブ詳細

 


LATEST ISSUE

2018年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.10

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:T-SQUAREデビュー40周年特集 featuring 伊東たけし&安藤正容
○ジャズの巨匠:スタン・ゲッツ
○スペシャル・インタビュー:メイシオ・パーカー

■インスト特集
○サックス工房訪問 ウッドストーン(演奏/宮崎隆睦)
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(後編)

■スペシャル・セミナー
○ヴィンセント・ハーリング サックス演奏力向上術
○バリサク奏者座談会(栃尾克樹/白坂勉/山中ヒデ之)/ヤナギサワWOバリトン・サックス クロス・レビュー
○新連載 ユッコ・ミラーが伝授! エアロフォン実践活用講座

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・ザ・シングス・ユー・アー」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 演奏:伊勢賢治 
○「クール・ストラッティン」演奏:山田拓児&西口明宏
○「LOVE LOVE LOVE」 DREAMS COME TRUE 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修