サックス好きのための専門誌Saxworld

イベント

「サンボーン・セッション」第1回のゲスト受講者に寺地美穂の参加が決定!

サンボーンのR&B、ファンク的アプローチをより深く掘り下げて紹介!

いよいよ今週末よりスタートするデイヴィッド・サンボーンWebワークショップ「サンボーン・セッション・アンコール」。

初回のセッション1(10月17日開講):「僕のサックス・プレイのエッセンス~R&B、ファンク」に、ゲスト受講者として寺地美穂(サックス・トリプレッツ)の参加が決定! 

デイヴィッド・サンボーンをはじめとする数々の著名プレイヤーのインタビュアーとしても活躍する寺地。彼女にサンボーン・セッションの質疑応答に加わってもらうことで、サンボーンのR&B、ファンク的アプローチをより深く掘り下げての紹介を予定している。

寺地美穂 プロフィール
札幌出身 東京在住。サックス奏者、サックス講師、取材&翻訳&執筆、More Shines Sax Strap主宰。ニューヨーク州立大学在学時にサックス奏者としての活動を始め、2016年メジャーデビュー。サックス・ユニットsax tripletsの1stアルトサックスを担当。

セッション1(10月17日開講)

「僕のサックス・プレイのエッセンス~R&B、ファンク」(アンコール)

「ラン・フォー・カバー」など、サンボーンの代表曲の中からR&B、ファンク・スタイルの人気楽曲をピックアップ。自らそのプレイ・スタイルを分析。

【ワークショップ中で取り上げる課題曲(予定)】
「Snakes」
「Run for cover」
「The Whisperer」
「The Peeper」、など

デイヴィッド・サンボーン プロフィール

1945年フロリダ州生まれ。ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、ギル・エヴァンス・オーケストラ、スティーヴィー・ワンダー、デヴィッド・ボウイのグループに参加。トップ・スタジオ・ミュージシャンとして大活躍する。1975年ソロ・デビュー。1981年『夢魔』でグラミー賞最優秀R&Bインストゥルメンタル賞を受賞。テレビ番組『ナイト・ミュージック』のホスト役を1988年より担当し人気を博す。現代最高峰のアルト・サックス奏者であり、ジャズ、フュージョン界のトップ・アーティストの一人として揺るぎない人気を誇る


撮影:内山 繁(whisper)


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k