サックス好きのための専門誌Saxworld

イベント

田中邦和がバリトン・サックスの魅力を紹介するインストア・イベント 今週末開催!

2019年6月22日(土)クロサワ楽器店 サキソフォンラボにて 入場無料!!

“田中邦和ジャズトリオ” “BLACK VELVETS” “Sembello” “DOUBLE TORUS” “KARATE CHOPS” ”LIFE IS GROOVE”等で個性的なミュージシャンたちとの共演、マルチな才能で様々なジャンルをこなすサックス・プレイヤーの田中邦和によるインストア・イベントが黒澤楽器日本総本店(新大久保)3階 SAXOPHONE-LABO(サキソフォン・ラボ)にて6月22日(土)に開催される。

今回はバリトン・サックスだけにスポットをあて、そのサウンドの特性や魅力を田中邦和が実演も交え紹介。ブランド別、モデル別バリトン・サックスの吹き比べなど、バリトン・サックスを多数在庫しているサックス専門店SAXOPHONE-LABOだから実現可能な企画も実施。バリトンの新規購入、買い換えなどを検討している方はこの機会をお見逃し無く!!

イベント概要

イベント・タイトル:田中邦和 × バリトン・サックス インストア・イベント

実施日:2019年6月22日(土)START 18:00 ~

会場:黒澤楽器日本総本店(新大久保)3階
   SAXOPHONE-LABO(サキソフォン・ラボ)   

   <お問い合わせ>
             SAXOPHONE-LABO 03-3363-9630 /wind@kurosawagakki.com

   イベント詳細/予約

田中 邦和(たなか・くにかず)

1966年生まれ。高校時代に吹奏楽部で楽器生活に突入。 数年間のサラリーマン経験を経てミュージシャンに転進。ジャズやソロでの即興演奏演奏、録音の他に sembello, Blackvelvets 等多くのバンド/ユニットで活動。山下洋輔、森山威男、ボズ・スキャッグス、川村結花など多彩な才能とのコラボレーションは高い評価を得ている。リーダー・トリオの坂本龍一「スコラ」ジャズ編での演奏も評判を呼んだ。メイン楽器のキャノンボールの他にアメリカン・ビンテージ・サクソフォーン、特にConnの愛好家としても知られ、Chu Berry, 10M, 30Mの各モデルも並行して使用している。

 

撮影:関 行宏


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k