サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Cannonball AVR/D-BR “Dragon”

国内限定彫刻モデル
統一感のある吹奏感と音質

 ヴィンテージリボーンシリーズのさらにヴィンテージ色に拘った国内限定モデル“ドラゴン”からノー・ラッカーに特殊加工を施された“ブルート”という製品を試奏しました。まず目を引くのは“ドラゴン”の名の通り龍が彫られたベル、そして緑色の(フィンガー)ストーンがダークな色合いのノー・ラッカー・ボディとのコントラストとなって格好良い。手に持った感触はかつての大柄だったキィ配置は影を潜め、だいぶコンパクトなレイアウトになっていて自然な操作感。
 バンドーレンV16 A5M/バンドーレン・トラディショナル(青箱)2 1/2/バンドーレン・オプティマム・リガチャーで今日は試奏。首からかけるとややズッシリとくる印象は健在。それでいてノー・ラッカーの反応の良さが相まって、吹いてみるとマークⅥのような軽快さを持っています。音色はダークで太くマイクを通しても痩せない印象。そしてシッカリとした重量により音域に関わらず吹奏感と音質に統一感があります。ノー・ラッカーの楽器なので使うごとに色合いが変化していくのもこの楽器を所有する喜びの一つになるでしょう。
 この楽器はジャズ、スムース・ジャズ、ファンク、R&B、ポップスなど幅広いジャンルで力になってくれるでしょう。ジャズポピュラー系で現行の楽器をお探しの方は是非お試しください!


国内特別仕様の手彫り彫刻

アンラッカー特殊加工仕上げの管体には、豪華なドラゴンの手彫り彫刻が施されている

指貝部分にも特別仕様の準宝石を採用

指貝部分にはペトリファイド・グリーン・ボグの緑色の石を採用。サウンドのまとまりや音程の良さに効果をもたらしている

ビンテージ・スタイルのネック

伝統的スタイルの美しい形状のネック。オクターブ・キイのロゴの周りは緑色に着色されている

(撮影:田坂圭)

500,000円

(問)黒澤楽器 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS●管体:イエロー・ブラス●塗装:ノー・ラッカー特殊加工●彫刻:オリジナル特別彫刻(ドラゴン)●その他の仕様:準宝石:ペトリファイド・グリーン・ボグ●付属品:オリジナル・マウスピース、ハード・ケース、ストラップ、ポーチ、ドラゴン・スワブ
■試奏環境 マウスピース:バンドーレンV16 A5M、リード:バンドーレン・トラディショナル(青箱)2 1/2、セバンドーレン・オプティマム・リガチャー


Cannonball AVR/D-BR “Dragon”試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k