サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Cannonball Big Bell Stone Series A4-B

人気のビッグベルストーンシリーズを
更にお求めやすく!

 キャノンボールからA4シリーズが新登場。大人気シリーズであるA5のサウンドはそのままにコストダウン化を図ったモデルで、憧れのビッグベルストーンシリーズが手に入れやすくなりました。

 ビッグベルだけど楽器の抵抗感はA5に比べると軽くなっていて、楽に演奏できるようになっています。

 また、キィ・レイアウトやキィ・オープニングもコンパクトに変更されているようで、全く違う楽器を吹いている感覚になります。従来どおりフォルテシモはしっかり鳴りますが、繊細なブレスでも音が立ち上がるので表現の幅もより広がったように感じました。

 ネックはスタンダード・タイプのみで、A5に付属したファット・ネックは付かないとのこと。小さな変更を積み重ねることで価格も抑えられるようです。

 重量級の楽器が売りのイメージだったキャノンボールですが、小柄な日本人には吹くのは大変といった声があった中こういった仕様のモデルが追加されるのは素晴らしいと思います。

 キャノンボール特有のサウンド、ルックスを愛するファンにとっては朗報。楽器のウェイトによって購入を諦めていた方々は是非この楽器を試してみてください。テナーも発売されるらしいですよ!


手彫りの彫刻

キャノンボールの代名詞と言えるブラック・ニッケル・メッキのベル。上位モデルA5と同様の手彫り彫刻が施されている

キイ・ボタンに準宝石を採用

美しい準宝石を採用したキィ・ボタン。A5に比べ左右のサイド・キィやベルのストーンが無くなり、メインのラインのみに搭載

ストレート・タイプのネック

A5ではネックが2タイプ付属するのに対し、A4はスタンダード・ネックのみ付属。小さな変更を積み重ねることで低価格を実現

(撮影:田坂圭)

420,000円(税別)

(問)黒澤楽器店 管楽器卸営業部 TEL:03-5259-8193

■SPECIFICATIONS 
●管体:真鍮●塗装:ブラック・ニッケル・メッキ●彫刻:あり(手彫り)●ネック:スタンダード・ネック(ブラック・ニッケル・メッキ)のみ付属●その他の仕様:キィ・ボタン/準宝石(9個装備)、ブースター/真鍮製ニッケル・メッキ仕上げ、キィ・ポスト台座一体、ピゾーニ製高品質パット、High F#キイ付き
●付属品:マウスピース、リガチャー、ハード・ケース、キャップ、ストラップ、クロス

■試奏環境 
●マウスピース:メイヤー5MM●リガチャー:セルマー旧タイプ●リード:ダダリオ・ジャズ・セレクト3M(ファイルド)


Cannonball Big Bell Stone Series A4-B試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k