サックス好きのための専門誌Saxworld

製品レビュー

Forestone SX UL

ビバップからコンテンポラリーまでビンテージのように幅広く対応する音色

 樹脂製のリードで名を馳せるフォレストーンからテナー・サックスのアンラッカー・モデルを試奏。何もコーディングされていない真鍮剥き出しのボディーは渋さ満点! 最初はつや消しゴールドですが、使い込んでいくに従って自分色に変化していく風合いを楽しめるのが◯。ネックのオクターブ・キィは歴史的名器のオールド・セルマーを彷彿とさせるシェイプでジャズ好きにはタマラナイ仕様となっています。手になじむキィ・レイアウトは操作性もバッチリ。テーブル・キィはやや大きい印象ですが海外メーカーと同様レベルで慣れてしまえば扱いやすい形状です。

 アンラッカーらしく音の立ち上がり、反応が抜群に速い。音色はダークでハスキーでドライ。オールド楽器のようにビバップからコンテンポラリー・ジャズまで幅広く対応する音色で演奏するのが楽しくなります。現代の楽器らしく音程も良いので、アンサンブルに入っても楽に演奏することができるでしょう。楽器の持つ抵抗感が少なめなので抵抗の強めなマウスピースやリガチャー、固めのリードなどを組み合わせるセッティングも合わせることが可能。多くのサウンド・キャラクターを試す楽しみもありそうです。

 ジャズを狙ったモデルですが多くのサウンド的可能性を秘めているので多ジャンルでお試しいただきたい逸品です。


ビンテージをほうふつさせるアンラッカー仕上げ

超低温処理により素材の響きを向上させる技術を採用。同処理により分子レベルで物性を整えたイエロー・ブラス材にアンラッカー仕上げを施すことで、ジャズ演奏に適したビンテージ・サウンドを提供

ジャズ・ネックが付属

ネックはクラシック・モデルとジャズ・モデルの2タイプをラインナップ。アンラッカー・モデルにはオールド・セルマーを彷彿とさせるシェイプのジャズ・ネックが付属

コンパクトなテーブル・キィ&右手小指キィ

テーブル・キィ&右手小指キィはコンパクトな設計で、低音域をストレスなく演奏することが可能

(撮影:田坂圭)

446,000円

(問)Forestone Saxophone 国内総販売元 株式会社ミナト TEL 0725-92-9700

■SPECIFICATIONS●管体:イエロー・ブラス●塗装:アンラッカー仕上げ●彫刻:手彫り●トーン・ホール加工:通常タイプ(ロール・トーン・ホール仕様のRX ULもあり)●ネック:ジャズ・モデル付属●その他の仕様:ハイブリッド・ポスト・コンストラクション、イタリア・ピゾーニ社プロ・パッド、超低温加工処理、日本での組み立て、ハイF♯キィ付き●オプション・ネック:ジャズ・タイプ(別売)●付属品:プロテック製ケース、クロス
■試奏環境 マウスピース:バンドーレンT7、リード:ラヴォーズ・ミディアム・ソフト、リガチャー:セルマー旧二本締め


Forestone Forestone SX UL 試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k