サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Sepia Tone VI Custom Baritone(Long Shank)

ゴッツからハイバッフル・タイプのバリトン用マウスピース登場

 日本のマウスピース・ビルダーとして優れた新製品を着実に世に送り出し続けているゴッツからバリトン・セピアトーンのロング・シャンク・モデルが登場。作りの良さは折り紙付きで非常に正確で丁寧な仕上げです。内部は多少バッフルが付いていますが途中から奥に向かって広くなる構造。シャンク部はドッシリとした長さが見てとれます。

 アルトがメインの自分にとってバリトンの低音は少々苦手意識がありますが、そんな心配はなんのその。ピアニシモでの低音のロングトーン、歯切れ良い発音など難なくこなしてくれます。最低音から最高音、はたまたフラジオまで均一な吹奏感で音域によってアンブシュアを調整するなんていうことも不要。非常に楽チンです。息が入りすぎてしまうことがないのはロング・シャンクによるところが大きいと思います。適度な抵抗感が演奏を楽に安定させてくれます。音色はず太い芯があってその周りをダークで暖かい衣を着ている印象。全国のバリトン吹きの皆さま、ぜひお試しを!

ロング・シャンク採用のバリトン用カスタム・モデル

プロ・ミュージシャンからの要望で誕生したというカスタム・マウスピース。ロング・シャンクを採用し、低音域からフラジオまでバランスの良い演奏が可能

40,000円(バリトン用/受注生産)

(問)ゴッツ TEL 046-205-3612

■SPECIFICATIONS ●材質:エボナイト(黒)●オープニング・サイズ:♯6(2.4mm), ♯7(2.6mm), ♯7☆(2.7mm), ♯8(2.85mm), ♯8☆(3.0mm), ♯9(3.1mm) ※規格サイズ以外も相談可。●付属品:プラスチック・ケース
■試奏環境 本体:ヤナギサワB-900、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、リガチャー:セルマ—旧型2本締め


Gottsu Sepia Tone VI Custom Baritone(Long Shank)試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k