サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Theo Wanne GAIA Metal(7)Alto

セオ・ワニ独自のデザインを持つ
ロール・オーバー・バッフル・マウスピース

 アルト用メタル・ハイ・バッフル・マウスピースで不動の人気を得ているセオ・ワニ。その多彩なランナップの中で、ガイアはミディアム・ロール・オーバー・バッフル・タイプです。

 外見はサンド・ブラスト&ゴールド・プレートが特徴的で、細部まで精巧に作られています。

 リガチャーもマウスピースに付属するユニークな形状で、オットー・リンク・メタルのように下からネジ一本でリードを固定するタイプ。吹奏感やリードによってリガチャー位置を変更できる優れもの。もちろん付属リガチャーを取り外して手持ちのリガチャーを使うことも可能です。

 バッフル付きのメタル・マウスピースはピーキーな印象がある方も多いでしょうけど、コレは驚くほど吹きやすいです。

 どんな音域でも非常にコントロールが楽で、とても良くできたマウスピースです。ハイ・バッフル・メタルをお探しのみなさま、ぜひお試しください!


セオ・ワニ独自のバッフル・デザイン

シャーク・ギル・バッフルと呼ばれるセオ・ワニ独自のサメのエラのようなデザインを採用。

(撮影:田坂圭)

79,200円(税込)※2022年6月現在

(問)フォレストーンジャパン TEL 06-6536-8690

■SPECIFICATIONS 
●材質:メタル
●仕上げ:金メッキ
●バッフル:ミディアム・ロール・オーバー・バッフル
●チェンバー:トゥルー・ラージ・チャンバー
●オープニング:7,8,9
●付属品:リガチャー(マウスピース本体に装着/金メッキ仕上げ)、マウスピース・キャップ、マウスピース・ポーチ、リガチャー調節用レンチ

■試奏環境 
●本体:H.セルマー・シリーズⅡ
●リガチャー:セルマー(旧タイプ)
●リード:ダダリオウッドウィンズ・セレクトジャズ(アンファイルド・カット)


Theo Wanne GAIA Metal(7)Alto 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2024年3月13日発売

サックス・ワールドVol.32

◎表紙 MOS
ブラス&ダンスを融合させた“ブラダン”で世界に羽ばたく管楽器ガールズグループ“MOS”が登場!
TikTok動画で大ブレイクした『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』メイン・テーマ「il vento d'oro」(MOS Ver.)の管楽器スコアを動画連動で掲載!!

インタビュー
・ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット(上野耕平/宮越悠貴/都築 惇/田中奏一朗)
・パトリック・バートリー

◎音の匠 スタジオ・ミュージシャンの仕事
・渕野繁雄/勝田一樹/ヒロムーチョ

ジャズの巨匠:ハンク・モブレー

◎魅惑のサブ・トーンを徹底研究:菅野 浩、上野まこと(Gentle Forest Jazz Band)
・サブ・トーン対談/サブ・トーンの名演を聴く!/演奏ポイント/楽器セッティング
・M.C.グレゴリー・マウスピース・ギャラリー
・ウッドストーン新MP“Model 46”開発ストーリー

◎付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ)
「セカンド・ラブ」中森明菜(ss)/演奏:伊勢賢治
「我が心のジョージア」 レイ・チャールズ(as) /演奏:屋嘉一志
「ジャスト・フレンズ」(as/ts)/演奏:青柳 誠
「バッハ 15インベンション第13番 BWV 784」(as/ts)/演奏:門田”JAW”晃介
「マック・ザ・ナイフ」(as/ts)/演奏:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k