サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Marmaduke Alto Saxophone Mouthpiece “V” Model

抜群のコントロール性が魅力の
ハンドメイド・マウスピース

マーマデュークのアルト用マウスピース、Vモデルはデザイナー/リフェイサーを務める宮武達郎氏のハンド・フィニッシュによる作りの良さから、一目見ただけで“さぞ吹きやすいだろう!”というイメージが湧き上がります。マウスピースの内部は定番のメイヤーに比べてチェンバーの奥が少々絞られていて、クラウド・レイキーほどではないものの明るくパリッとしたサウンド傾向に振っているようです。まずルックスに違わぬ吹きやすさに脱帽してしまいました。メイヤーの吹奏感で、メイヤーよりもちょっとだけブライトでエッジの効いたサウンドを求めている方にはぜひ吹いていただきたいですね。最低音域からフラジオ音域までストレスなくコントロールできて、ピアニシモからフォルテシモまで音量のコントロールもフレキシブルに行えます。メイヤーに代わるマウスピースを探すのは難しく、多くの方が苦労されていると思いますが、現行マウスピースの中で間違いなく選択肢の一つになる製品ですね。 

tsk_0310

繊細なバッフルづけでレスポンスが向上

チェンバーとリードの距離感を最適化し、快適な吹奏感を実現。音色はダーク過ぎず、太い低音とアルトらしい艶やかな高音を生み出している、ジャズからコンテンポラリーまでこなすマウスピースだ.

tsk_0305

20,000円

(問)マーマデューク・ミュージック TEL 070-6970-5477
■SPECIFICATIONS ●材質:ピュアラバー(エボナイト)●オープニング・サイズ:5、6、7
■試奏環境 オープニング:5番 楽器:アメセルマーク6、リード:Vandoren 緑JAVA3、リガチャー:Selmer 旧二本締め


Marmaduke Alto Saxophone Mouthpiece “V” Model試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k