サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Ted Klum VersiTone Tonamax

ジャズの質感が楽しめる高級ラバー・マウスピース

 テッド・クラムのマウスピースはアルト用NYモデルの5番を2本持っていて、あらゆる場面で重宝しています。今回はアルトのニュー・モデルTonamaxの6番を体験させていただきました。
 まず仕上げの美しさに目がいきます。海外製品だとティップ・レールやサイド・レールが歪んでいたり左右非対称なんてことがありますがテッド・クラムはそんなことは皆無。漆黒に見えるラバーは質が高く、音色・吹奏感に貢献しているとのこと。バッフルは先端付近でわずかに盛り上がる程度で基本的にはメイヤー・タイプといった印象です。
 高精度の作りと材質による程よい抵抗感で最低音からフラジオまでシームレスに吹くことができます。音色が均一で鳴りのツボがつかみやすいのも特徴的です。音色はダークで太くファズがかっていて、バシッと吹けばエッジのある切れ味鋭いサウンドに変化。いわゆる“あの”ジャズの質感が楽しめます。ラバーの現行モデルをお探しの方は一吹きの価値ありですよ!


精密な削り出し方法を経たハンド・フィニッシュ仕上げ

ハンド・メイド系高級ブランドの中でも特に高い人気を誇るテッド・クラム・マウスピース。テッド・クラム氏自身の手でハンド・フィニッシュされた精巧な作りが評価されている

 

 

オープン価格(市場予想価格58,000円前後)

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●材質:ハード・ラバー●オープニング・サイズ:73(5)、77(6)、80(7)
■試奏環境 オープニング:6番、楽器:アメセル・マークⅥ、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、リガチャー:セルマー旧2本締め(GL)


Ted Klum VersiTone Tonamax試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年6月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.13

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:ケニーG
○ジャズの巨匠:ウェイン・ショーター
○インタビュー:デイヴ・コーズ

■インスト特集
○サックス解体新書 リード大特集
○ソプラノ・サックス用マウスピース全18モデルを徹底比較
○セルマー・スーパー・サックス(SSS)

■誌上セミナー
○大山日出男が伝授 スウィングの苦手意識を克服! ジャズにおけるリズムの研究
○ボブ・レイノルズ 日々の練習のヒント
○ブロウ・サックスに挑戦! 藤井尚之 ×古畑奈和(SKE48)
○新連載:石川周之介のジャズの名曲でマスターするサックス上達セミナー

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ネイマ」ジョン・コルトレーン 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「PIECE OF MY WISH」 今井美樹 
 演奏:伊勢賢治 
○「ストライク・アップ・ザ・バンド」  
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「オールウェイズ・ゼア」ロニー・ロウズ 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○「乾杯」長渕剛(CD未連動)


ZOOM Q4n-4k