サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Theo Wanne Mindi Abair Signature Alto Mouthpiece

独創的な仕様のミンディ・エイベア シグネイチャー・マウスピース

 メタルを愛用するサックス奏者の間でここ数年定番化しているセオ・ワニ。非常に精巧な作りで細部にわたって緻密に仕上げられています。内部は崖のようなバッフルがそびえ立ち、ガンガンいきますと言わんばかりの形状です。

 私はロー・バッフル専門なので少々苦手意識がありつつ、くわえてみてビックリ。ビークが高く適度な抵抗感があってものすごく安定して吹くことができます。それでいて超ハイ・バッフルなのに息をガンガン入れても破綻することなく受け止めてくれる。なんだこれは? 吹きやすいぞ。

 サウンドは明るくなりすぎず、でも倍音を多く含んだ情報量の多い音。ハード・ラバーに比べて明らかに音量アップしますが、ダークなまま大きくなるので耳に刺さるような嫌な感覚はありません。アンブシュアをタイトにしても音程が上ずることなく気持ち良い音程感を保ってくれます。最近良いハイ・バッフルがないという話を聞きますが、そんな方にはぜひ試していただきたい逸品です。

超ハイ・バッフル仕様でパワフルなサウンド

かなり高めのバッフルとフラット・サイド・ウォール・チェンバーの組み合わせによりパワフルな演奏が可能に

45,000円

(問)Forestone Saxophone 国内総販売元 株式会社ミナト TEL 0725-92-9700
■SPECIFICATIONS ●材質:メタル●仕上げ:ロジウム・メッキ●オープニング・サイズ:#6、#7、#8●付属品:リガチャー(プレッシャープレート/ゴールド・プレート)、マウスピース・キャップ、マウスピース・ソフト・ポーチ、六角レンチ
■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、リード:ラヴォーズ・ミディアム


Theo Wanne Mindi Abair Signature Alto Mouthpiece試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k