サックス好きのための専門誌Saxworld

製品レビュー

Yanagisawa S-WO20

ブロンズ・ブラス特有のダークで密度の濃いサウンド

 ヤナギサワの新ラインナップWOシリーズのソプラノから今回はブロンズ・ブラス製のS-WO20を試奏させていただきました。ピンクがかった色の管体は明らかに真鍮のモデルとは違った風合いで固有の存在感を主張しています。外観から見て取れる仕上げの美しさは相変わらず素晴らしく、細部まで妥協のないもの作りを感じさせてくれます。

 非常にコンパクトなキィ・レイアウトで手のフィット感が良く、絶妙なキィのバネ圧によって指に吸い付くようなフィンガリングが可能。速いパッセージが難なく演奏できます。

 真鍮やソリッド・シルバーとは明らかに違うブロンズ・ブラス特有のダークで密度の濃い音にウットリ。材質からくる抵抗感は真鍮に比べやや強く、低音から高音までの音色・吹奏感を一貫性のあるものにしてくれていて、特に高い音でも太くダークに鳴る点はほかのソプラノにはないサウンド・キャラクターです。音程は高い音が上擦らずほぼ正確な音程になるので、例えばアンブシュアをタイトにしないと高音が出ないけど音程は上がってしまうような繊細なシーンでも楽に正しい音程を狙えるのが好印象。

 音色も音程も高精度で仕上げられたこのモデル、本気でソプラノを吹く方に是非お試しいただきたい逸品です。


ブロンズ・ブラス製

ブロンズ特有のピンクがかった美しいクリア・ラッカー仕上げ。ブロンズ・ブラス特有のダークで密度の濃いサウンドが特徴

 

2タイプのネックが付属

ネックはデタッチャブル・タイプを採用し、ストレートとカーブドの2本のネックが付属。ネックに台形プレートを装着

 

左手サイド・キィの進化

左手サイド・キイの指の当たる角度を改良。ベルの方向へ押さえる角度にすることでより操作性を向上

(撮影:田坂圭)

510,000円

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215/03-3866-2210

■SPECIFICATIONS ●管体:ブロンズ・ブラス●塗装:クリア・ラッカー仕上げ●彫刻:あり●その他:吹込管:ブロンズブラス製 2本付属、High G キィ付●付属品:ケース、マウスピース(エボナイト SC120)
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、リガチャー:バンドーレン・オプティマム 

YanagisawaS-WO20 試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k