サックス好きのための専門誌Saxworld

イベント

デイヴィッド・サンボーン直伝! 初のマスター・クラス「サンボーン・サマー・セッション」を 日本のファンに向けてWebにて開講!

詳細を近日公開!

近日詳細を公開!

現在デイヴィッド・サンボーン氏とプログラム内容を最終調整中です。
詳細を近日中に公開予定ですので、今しばらくお待ちください。

Message from DAVID SANBORN

サンボーンより日本の皆さんにメッセージ

 僕の長い人生、長い演奏活動の中で、自分のクラスを持つということは初の試みなんだ。そして、それを日本で行えることはとても光栄さ。世界中で一番誠実で、いつも温かく迎えてくれる日本のファンとのコネク ションは僕にとってとても強いものだ。日本のサックス奏者たちからも僕はとても刺激を受けている。彼等の音楽や楽器に対する姿勢と熱意と献 身。僕はそれに対して影響も受けているのさ。
 今回の僕のマスター・クラスは「セッション」と名付けている。それは一対一ではないクラスというグループを通して、単に教えるという一方通行 ではないインターアクションを目指しているからだ。つまり、これまで決して話すことのなかった僕自身のプレイに関する“情報”を、みんなと分かち合って「セッション」するからなのさ。どうか緊張せず、リラックスして僕と一緒に楽しく「セッション」してほしい。キミにとって最高の経験となるべく一所懸命コンテンツを練っているから楽しみにしていてくれよ!

デイヴィッド・サンボーン プロフィール

1945年フロリダ州生まれ。ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、ギル・エヴァンス・オーケストラ、スティーヴィー・ワンダー、デヴィッド・ボウイのグループに参加。トップ・スタジオ・ミュージシャンとして大活躍する。1975年ソロ・デビュー。1981年『夢魔』でグラミー賞最優秀R&Bインストゥルメンタル賞を受賞。テレビ番組『ナイト・ミュージック』のホスト役を1988年より担当し人気を博す。現代最高峰のアルト・サックス奏者であり、ジャズ、フュージョン界のトップ・アーティストの一人として揺るぎない人気を誇る


撮影:内山 繁(whisper)


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k