サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Cannonball BigBell Stone Series A5-20

特別仕様のキャノンボール20周年記念モデル

 キャノンボールの新製品は、メーカー設立20周年の記念モデル! ブラックとシルバーを基調とした配色は、とにかく“カッコイイ!”の一言に尽きます。従来のキャノンボール製品では大振りに感じられたキィのレイアウトも、この製品では驚くほど自然に感じられます。あまり手の大きくない標準的な日本人である自分にはありがたいことです。サウンドに影響のある特別な仕様としては、ベルとU字管までがブラック・ニッケル・メッキ、2番管がサテン・ブラック・ニッケル・メッキであることが挙げられます。もちろんこれまで同様にネックは二本付属しますが、今回の試奏ではキャノンボール独自の構造を採用したファット・ネックを選択しました。

 首にかけたときにズシッとくる重量感は健在ですが、吹いてみてビックリするのはその吹奏感の軽さ。重量級の吹奏感を期待していたらなんとも軽く鳴ります。それも自分が所有するセルマー・マークⅥと大差ないレベル。音色も弱い音は柔らかく、吹き込んで行くと明るいエッジの効いたファンキー・サウンドに変化していきます。キィ操作は容易で速いパッセージがレガートに繋がっていきます。音色の傾向はラッカー塗装の楽器に比べてやや硬質なので、コンボ系のジャズよりはファンクやスムース・ジャズに向いていると思います。マイク乗りも良いので電気楽器と一緒に演奏するようなスタイルのプレイヤーには最良の選択の一つになるのではないでしょうか。


cannonball_A5-20_neck

2本のネックを好みで使い分ける

スタンダード・ネック(サテン・ブラック・ニッケル)とファット・ネック(サテン・シルバー・メッキ) の2本が付属。ジャンルによっての使い分けも可能。ネックに準宝石を装備する。

cannonball_a5-20_up

手彫りで彫り込まれた特別彫刻

胴輪上部には20th ANNIVERSARYの刻印がな され、ベル部には手彫りによる特別彫刻“ケル トノット”の神聖なるデザインが施され、非常に ゴージャスな仕上がりになっている。

A5-20BEU

ちりばめられた美しい準宝石

黒地に青と白が絶妙に混ざり合う準宝 石のブルーソーダライトを各所にちり ばめ、ブラックニッケルの本体色に一段 とマッチしており、見た目も美しく、音 のまとまりや音程の良さにも貢献して いる。

cannonball_a5-20_full

(問)  黒澤楽器店 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS ●管体:イエロー・ブラス●塗装:2番管:サテンブラッ クニッケルメッキ/U字管・ベル・キィ:ブラック・ニッケル・メッキ●彫刻:オリジ ナル特別彫刻(ケルトノット)●その他の仕様:準宝石:ブルーソーダライト、 ネック2本付属(スタンダードネック・ファットネック)●付属品:オリジナル・マ ウスピース、ハード・ケース、お手入れ用品
■試奏環境マウスピース:メイヤー5MM(現行)、リード:Vandoren 緑JAVA3、 リガチャー:Selmer旧二本締め 試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM(現行)、リード:Vandoren 緑JAVA3、リガチャー:Selmer旧二本締め


Cannonball BigBell Stone Series A5-20試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k