サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Drake Phil Woods Masters Series 6

フィル・ウッズ的な明るさと
パワフルさにフォーカス

 アメリカの新進気鋭なマウスピース・メーカーであるドレイク。その豊富なラインナップの中から、今回はフィル・ウッズ・モデルを試奏しました。

 フィル・ウッズといえば倍音豊かでボリュームもあり、ザラついたハスキーなサウンドが印象的ですが、まさにそこを狙ったマウスピースだと感じました。

 フィル・ウッズが使用していたメイヤー同様にこのモデルもメイヤー・シェイプ。まず吹いて驚くのがとにかく良く鳴ります。サブ・トーンからフラジオまで自由自在で、音量コントロールも非常に容易。よくできたマウスピースです。

 先端はわずかに盛り上がったバッフルで音色の明るさが強調されており、高い倍音が良く出ているようです。

 ミッド・ローの太さはそれほどでもなく、フィル・ウッズ的な明るさとパワフルさにフォーカスしたモデルと言えるでしょう。良く鳴るメイヤータイプをお探しの方は是非チェックを!


ロールオーバー・バッフル

基本的な設計はフィル・ウッズが長年愛用したニューヨーク・メイヤーを可能な限り再現。フィル・ウッズ・サウンドの特徴であるパワフルで輪郭のある明瞭なサウンドにフォーカスされている

(撮影:田坂圭)

39,600円(税込) (アルト用)

(問)黒澤楽器店 管楽器卸営業部 TEL 03-6279-1082

■SPECIFICATIONS
●材質:ビンテージ・レジン
●ティップ・オープニング:5、6、7
●バッフル:ロールオーバー・バッフル
●チェンバー:ミディアム
●フェイシング:ミディアム
●付属品:リガチャー、キャップ、ホーチ

■試奏環境 
●本体:A.セルマー・マークⅥ
●リガチャー:セルマー・旧タイプ
●リード:ダダリオ・セレクト・ジャズ3


Drake Phil Woods Masters Series 6 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k