サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Sepia Tone Double Ring Tenor

ビンテージ“ダブル・リング”を
解析し細部まで再現

 ゴッツから、メタル・マウスピースのニュー・モデル、“セピア・トーン・ダブル・リング”が登場しました。
 その名称からも王者オットー・リンクの人気時期のビンテージ・マウスピースの通称“ダブル・リング”を想起させます。
 フォルムはもう、完全に、オットー・リンク・メタルのそれで、ビンテージ・リンクのように、肉薄に作られており、ゴッツらしく細部にわたって精巧に美しく仕上げられています。
 そして、鳴ります。とにかく鳴ります。どう吹いてもファットにダークにガッツリ鳴ります。
 ダブル・リングにフロリダ中期、後期のスーパー・トーン・マスターのテイストを加えたそうですが、オットー・リンクよりも倍音が多く明るめなサウンドで、高精度の作りと肉薄さからくる鳴りの良さ、内部形状による音の太さ、奏者が欲しがる要素を全部乗せしたかのような製品に仕上がっています。是非お試しを。


ダブル・リングを細部に至るまで再現

ダブル・リングの通称の由来となったシャンク部分の2重のリングも踏襲

(撮影:田坂圭)

50,000円(テナー用)(税別)
(完全受注生産/納期2週間程度)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:真鍮(ビンテージ・ブラス) ●仕上げ:金メッキ
●オープニング: 6、7、7☆、8、8☆、9
●バッフル:ロールオーバー型
●付属品:プラスチック・ケース、巾着
●ハンドメイド

■試奏環境 
●本体:セルマー・シリーズⅡ(ヤマハ F1ネック)
●リガチャー:セルマー(旧式)
●リード:ダダリオ・セレクト・ジャズ 3M(ファイルド・カット)

Gottsu Sepia Tone Double Ring Tenor 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.20

■アーティスト特集

◎表紙&巻頭特集:本田雅人
   本田雅人直伝 超絶!! ハイパー・サックス講座(CD連動)

◎ジャズの巨匠:ルー・ドナルドソン(奏法分析:多田誠司)

■インスト特集
◎新世紀到来!! 新素材リード最前線(試奏:竹上良成)
◎試奏レポート ウッドストーン・ニュー・ビンテージ(試奏:本田雅人)
◎リガチャー・ブランド訪問:JLVリガチャー(試奏:藤田淳之介)

■CD連動 新連載スタート記念 インタビュー
■Tenor Talk
サックス・デュオで奏でるクラシックの響き〜バッハ15インヴェンション〜 「バッハ インヴェンション 第1番 BWV 772」(as/ts対応)
編曲/解説/テナー・サックス演奏:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介)
 アルト・サックス演奏:副田整歩
■SAX CATS
特選!! 5サックス・アンサンブル・スコア 〜J-POP名曲編〜
「ズルい女」シャ乱Q 演奏/編曲:SAX CATS

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「サマータイム」(as & ts)
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「春よ、来い」松任谷由実(ss)
 演奏:伊勢賢治 
○「朝日のごとくさわやかに」
 演奏:山田拓児&西口明宏

 
ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP