サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Metal HL 2018 Soprano

ハイ・バッフルながら吹きやすく 音程もコントローラブル

 マウスピース・ビルダー“ゴッツ”からソプラノ用ハイ・バッフル・マウスピース“Metal HL 2018”を試奏しました。ゴッツらしく非常に精巧で美しい仕上げです。

 ソプラノ用ハイ・バッフルは今まで敬遠してきましたが、このモデルを吹いてビックリ。ハイ・バッフル特有の神経質さが全く無く、非常に吹きやすいのはモチロン、音色がダークで響きがあり表現の幅が広く、音程も取りやすくてコントローラブル。このマウスピースを吹いてみて、ソプラノ・ハイ・バッフルのイメージをいともたやすく覆されてしまいました。

 かつてクラシックでソプラノ・サックスにビーチラーのメタルを使っていた日本を代表するプレイヤーを思い出しました。

 ソプラノ・サックスでハイ・バッフル・タイプのメタルを使いたいけど吹きやすいモデルが見当たらないとお困りの皆さん、これは吹いた方が良いですよ。


素材にスズ合金を採用したハイ・バッフル・モデル

ハイ・バッフル仕様のソプラノ用メタル・マウスピース。素材には柔らかく太いサウンドが特徴のスズ合金を使用

(撮影:田坂圭)

33,000円(ソプラノ用)(税別)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:スズ合金(ロストワックス鋳造)●バイト・プレート:エボナイト製●オープニング:#5 (1.4mm) #6 (1.5mm) #7 (1.6mm) #8 (1.7mm)●付属品:プラスチック・ケース、巾着、(リガチャー・キャップの付属無し)

■試奏環境 
●本体:ヤナギサワS-99●リード:ダダリオ・グランド・コンサート3

Gottsu Metal HL 2018 Soprano 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k