サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Sepia Tone Master 2021

ゴッツ10年の技術を集結し、
伝説のビンテージMPを再現

 ゴッツから、いよいよビンテージ・オットー・リンク・タイプの最終回答と言うべきモデルが登場しました。開発段階に工房にお邪魔して試奏させてもらいましたが、そのころから素晴らしい完成度で大注目していました。完成品はうたい文句通りまさに渋く雑味のあるサウンド。さらに言えばビンテージ・マウスピースを吹いたときのような心地よさ、自由な吹き心地、抜けの良さ、情報量の多い複雑な音色が魅力のモデルです。

 サブ・トーンからフラジオまで非常にコントロールが楽でなおかつ非常によく鳴るので、ジャズやフュージョンにベスト・マッチするのはもちろん、ファンクやロック、ホーン・セクションのような用途にも十分に対応可能です。演奏シーンによってマウスピースを使い分けていた方々にとってもこのモデルのリリースは朗報となるのではないでしょうか。テナーでオールラウンドなマウスピースをお探しの皆様に、是非お試しいただきたい逸品ですよ。


ビンテージ・リンクを再現

ビンテージ・オットー・リンクの特徴である、低めで短く設計されたロール・オーバーのバンプと、広めのチェンバー&サイド・ウォールを精巧に再現

(撮影:田坂圭)

55,000円(テナー用)(税込)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:真鍮(ビンテージ・ブラス)
●チェンバー形状:丸形
●バッフル:ロー・バッフル
●オープニング・サイズ:89,95,100,105,110,115

■試奏環境 
●本体:セルマ—・シリーズⅡ(ヤマハ F1ネック)
●リガチャー:オットー・リンク
●リード:ダダリオ・ラ・ヴォーズ・ミディアム


Gottsu Sepia Tone Master 2021 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年12月13日発売

サックス・ワールドVol.27

◎表紙&巻頭特集:『BLUE GIANT』
・インタビュー:馬場智章/諸星翔希(7ORDER)
・ 原作マンガ『BLUE GIANT』を読む 栗原 健
・サックス奏者&音楽マニアが自慢したい『BLUE GIANT』雑学集、など

◎ジャズの巨匠:スティーヴ・レイシー
◎インタビュー
・小曽根 真(p)× 小曽根 啓(sax)
・キャンディ・ダルファー & ハンス・ダルファー
・矢野沙織(House of Jaxx)
・諸星翔希(7ORDER)
◎奏法ノウハウ企画
・小池 修 直伝  歌伴サックスのアプローチ術
◎インスト特集
・一度は吹いてみたい魅惑のソプラニーノ・サックスの世界
・マウスピース工房訪問 ダダリオウッドウィンズ
◎付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
・ 「クリスマスキャロルの頃には」稲垣潤一(ss)/演奏:伊勢賢治
・ 「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
・ 映画「ピンク・パンサー」メイン・テーマ(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
・「バッハ 15インベンション 第8番 BWV 779」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
・「ブルース・イン・ザ・クローゼット」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k