サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Sepia Tone Master 2021

ゴッツ10年の技術を集結し、
伝説のビンテージMPを再現

 ゴッツから、いよいよビンテージ・オットー・リンク・タイプの最終回答と言うべきモデルが登場しました。開発段階に工房にお邪魔して試奏させてもらいましたが、そのころから素晴らしい完成度で大注目していました。完成品はうたい文句通りまさに渋く雑味のあるサウンド。さらに言えばビンテージ・マウスピースを吹いたときのような心地よさ、自由な吹き心地、抜けの良さ、情報量の多い複雑な音色が魅力のモデルです。

 サブ・トーンからフラジオまで非常にコントロールが楽でなおかつ非常によく鳴るので、ジャズやフュージョンにベスト・マッチするのはもちろん、ファンクやロック、ホーン・セクションのような用途にも十分に対応可能です。演奏シーンによってマウスピースを使い分けていた方々にとってもこのモデルのリリースは朗報となるのではないでしょうか。テナーでオールラウンドなマウスピースをお探しの皆様に、是非お試しいただきたい逸品ですよ。


ビンテージ・リンクを再現

ビンテージ・オットー・リンクの特徴である、低めで短く設計されたロール・オーバーのバンプと、広めのチェンバー&サイド・ウォールを精巧に再現

(撮影:田坂圭)

55,000円(テナー用)(税込)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:真鍮(ビンテージ・ブラス)
●チェンバー形状:丸形
●バッフル:ロー・バッフル
●オープニング・サイズ:89,95,100,105,110,115

■試奏環境 
●本体:セルマ—・シリーズⅡ(ヤマハ F1ネック)
●リガチャー:オットー・リンク
●リード:ダダリオ・ラ・ヴォーズ・ミディアム


Gottsu Sepia Tone Master 2021 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年3月14日発売

サックス・ワールドVol.24

◎表紙&巻頭特集:米澤美玖 バラード上達術
◎ジャズの巨匠:ベニー・カーター
◎超絶サックス・コンテスト2022(アルト編)開催!!
    勝田一樹、宮崎隆睦、伊勢賢治による課題曲「Burn Out」模範演奏3バージョンを付属CDに収録!
◎新連載:日本のジャズ、日本のサックス   日本初のサックス:タナベ&ニッカン

■インスト特集
◎サックス解体新書 マウスピース・パッチを徹底解剖!!
続・リガチャー最前線

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道
    インストゥルメンタル・ロックに挑戦!! 今回の講師:中村有里

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○  「カムカムエヴリバディのテーマ」金子隆博 /演奏:伊勢賢治
○「ヤードバード組曲」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「朝日のごとくさわやかに」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○「ニューヨーク・ニューヨーク」(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第5番 BWV 776(as/ts)」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k