サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Silent Reed

擬似的に演奏している感覚が作れる音が鳴らないリード

 ゴッツからユニークなアイデアの製品が登場。ズバリ、鳴らないリードです。サックス吹きならだれしも練習場所で困った経験はあると思いますが、音は出さずでも息はしっかり入れて姿勢を維持する筋力とフィンガリングを鍛えるというもの。滞在先のホテルの部屋でほとんど音が出ないように練習するなんてことはよくありますが、そういうときに打って付けですね。

 実際使ってみると吹き込んだときの抵抗はあるし抵抗感の調整もできるので、擬似的に演奏している感覚が作れます。フィンガリングによって吹き込む息の音も変わるので、その点も吹いてる感の一助になっています。

 リードの先端が厚いので、アンブシュアも厚いものをくわえている感覚になるのが本来のリードと一番違う点でしょうか(音が出ないこと以外に)。アンブシュアを締め過ぎず脱力を目指す場合にはメリットになるかも知れません。いつでもどこでも練習したいあなた、是非お試しを!


リード先端の溝

息が通るようにリードの先端には溝が掘られている。リードの位置を変えることで抵抗感の調整が可能

(撮影:田坂圭)

4,000円(税別)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:樹脂●ラインナップ:S(ss用)、M(as用)、L(ts、b.cl用)、LL(bs用)、CL(cl用)

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k