サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Jody Jazz JET

情報量が多くメタルとは違った 濃厚で複雑なサウンドが魅力

 ミュージシャン使用率の高い人気マウスピース・メーカー、ジョディジャズからポリカ—ボネイト製のハイ・バッフル・モデル“ジェット”が登場。現代のメーカーらしく作りが精巧で全体的に美しい仕上がりです。

 今回お借りしたのが7番で、普段メイヤー5MMを使う自分にとっては広く感じましたが、ハイ・バッフル特有の気難しさやリード・ミスは無く、サブ・トーンからフラジオまで柔軟に演奏可能です。

 ハイ・バッフルらしいハリのある輝かしいサウンドながら、メタルとは違ったファットで温かい成分が音に含まれる点がとても良い。

 音量変化による音色の変化、倍音構成の変化が吹奏感にマッチしていて気持ちが良く、情報量が多く濃厚で複雑なサウンドに魅力を感じます。

 ハイ・バッフル・マウスピースを探している方に是非試してもらいたい逸品です。


新設計のチェンバーとフェーシング

新設計のチェンバーとフェーシングが明るい音色を生み、全音域におけるコントロールが楽に。

(撮影:田坂圭)

28,000円(アルト用)(税別)

(問)黒澤楽器店 管楽器卸営業部 TEL 03-5259-8193
(問)島村楽器 商品開発事業部 TEL 03-3613-4160

■SPECIFICATIONS 
●材質:ポリカ—ボネイト●ティップ・オープニング:#5(1.9mm)、#6(2.0mm)、#7(2.2mm)、#8(2.3mm)、#9(2.6mm)、#10(2.8mm)●付属品:ホーチ

■試奏環境 
●本体:A.セルマー・マークⅥ●リガチャー:セルマー旧タイプ●リード:ダダリオ・ラヴォーズ・ミディアム●マウスピース・オープニング:#7


Jody Jazz JET 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k