サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Ted Klum VersiTone Tonamax

ジャズの質感が楽しめる高級ラバー・マウスピース

 テッド・クラムのマウスピースはアルト用NYモデルの5番を2本持っていて、あらゆる場面で重宝しています。今回はアルトのニュー・モデルTonamaxの6番を体験させていただきました。
 まず仕上げの美しさに目がいきます。海外製品だとティップ・レールやサイド・レールが歪んでいたり左右非対称なんてことがありますがテッド・クラムはそんなことは皆無。漆黒に見えるラバーは質が高く、音色・吹奏感に貢献しているとのこと。バッフルは先端付近でわずかに盛り上がる程度で基本的にはメイヤー・タイプといった印象です。
 高精度の作りと材質による程よい抵抗感で最低音からフラジオまでシームレスに吹くことができます。音色が均一で鳴りのツボがつかみやすいのも特徴的です。音色はダークで太くファズがかっていて、バシッと吹けばエッジのある切れ味鋭いサウンドに変化。いわゆる“あの”ジャズの質感が楽しめます。ラバーの現行モデルをお探しの方は一吹きの価値ありですよ!


精密な削り出し方法を経たハンド・フィニッシュ仕上げ

ハンド・メイド系高級ブランドの中でも特に高い人気を誇るテッド・クラム・マウスピース。テッド・クラム氏自身の手でハンド・フィニッシュされた精巧な作りが評価されている

 

 

オープン価格(市場予想価格58,000円前後)

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●材質:ハード・ラバー●オープニング・サイズ:73(5)、77(6)、80(7)
■試奏環境 オープニング:6番、楽器:アメセル・マークⅥ、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、リガチャー:セルマー旧2本締め(GL)


Ted Klum VersiTone Tonamax試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k